2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

今日は祝日なので仕事は休みだ。
こんな日はカレーを食べに行くに限る。
今日はなんとなくスープカレーが食べたくなったので、久しぶりに綱島にある「ハンジロー」に行ってみることにした。
前回訪れたのは2007年12月なので、なんと1年2か月ぶりの訪問である。
hanjiro14
[ハンジロー その6 〔横浜市〕]の続きを読む
今日は徳島で仕事である。
徳島のランチといえば、やはりカレーである。
そこで今日はT田さん、ヘルシアさん、I関さん、I関ですぅさん、Y本さん、それに部長の総勢6名でお昼にカレーを食べに行くことになった。
向かった先はスープカレーの店「スパイチーデイズ」。
spicii10
前回訪れたのは去年の6月だが、何としてももう一度訪れたいと思っていた店である。
[スパイチーデイズ その3 〔徳島市〕 【閉店】]の続きを読む
今日は朝からどうも鼻とのどの調子がいまいちだ。
風邪をひく一歩手前のような気がする。
こんなときは野菜のたっぷり入ったカレーが食べたいものだ。
野菜たっぷりといえば、やはりスープカレーであろう。
そこで今日はまだ行ったことのないスープカレー屋に行くことにした。
その店とは「アジアンバー ラマイ 横浜スタジアム前店」。
ちょっと遠いが渋谷からなら東横線・みなとみらい線で一本で行けるので意外と便利だ。
みなとみらい線を日本大通り駅で降りて10分弱歩くと、目的の店に到着した。
ramai-yokohama1.jpg
[アジアンバー ラマイ 横浜スタジアム前店 〔横浜市〕]の続きを読む

TRIP

今日は成人の日である。
成人の日といえば、やはりカレーである。
去年の成人の日は中野のカレー屋に行ったので、今日は高円寺に行くことにした。
目指したのはスープカレーの店「TRIP」。
JR高円寺駅南口を出て、数分歩くと目的の店はすぐに見つかった。
trip1
[TRIP]の続きを読む
今日は金曜日。
言わずと知れた「カレー曜日」である。
そこで今日は久しぶりに「昼・夜カレー」に挑戦してみることにした。

普段あまり使わない都営三田線に乗り、西巣鴨で降りる。
地上に出て明治通りを渡って少し歩くと、目的の店が現れた。
その店の名前は「魔女のスプーン」。
北海道・富良野にあるカレー屋の東京店である。
majonospoon1
[魔女のスプーン 東京店]の続きを読む
最近、仕事がらみでとても悩むようなことが起きてしまった。
そのせいかどうかわからないが、舌の裏側に口内炎ができてしまった部長である。
これではさすがに激辛カレーは食べることができない。
そこで今日はコバチューさんと新橋のスープカレー屋「ガネー舎」に行くことにした。
前回訪れたのは10月3日なので、8週間ぶりの訪問である。
ganesha35
[ガネー舎 その11]の続きを読む
今日から三連休だ。
三連休といえば、やはりカレーである。
だが、最近少し疲れ気味のため、あまり遠出する気にはなれない。
そこで今日は先々週訪れたスープカレーの店「CHUTTA!(チュッタ)」を再訪することにした。
chutta5
[CHUTTA!(チュッタ) 杉並店 その2]の続きを読む
東京に帰って来た部長であるが、今日ななんだか鼻と喉が腫れていて調子が悪い。
こんな日の昼食はやはりカレーに限る。
そこで今日は最近オープンしたというスープカレー屋に行ってみることにした(情報源   )。
その店の名前は「CHUTTA!(チュッタ)」。
最寄り駅は京王井の頭線の久我山駅で、札幌に本店がある店らしい。
駅から5分ほど歩くと、目的の店に到着した。
chutta1
それでは店内に入ってみよう。
[CHUTTA!(チュッタ) 杉並店]の続きを読む
今日から三連休である。
三連休といえば、やはりカレーである。
そこで今日は福岡まで遠征してカレーを食べることにした。

向かった先は筑紫野市にある「小林カレー」。
福岡市内ではないので一見遠く感じられるが、店はJR二日市駅の駅前。
博多から二日市までは快速電車で15分程度、普通でも30分弱なので実はそれほど遠くはない。
「小林カレー」と書かれた大きな看板が目印だ。
kobayashi1
[小林カレー 〔筑紫野市〕]の続きを読む
今日は午後からI崎さんがコバチューさんと一緒に「悪の枢軸」ビルに乗り込むとのこと。
部長はもともと今日は「悪の枢軸」メンバーには入っていなかったのだが、I崎さんに拉致されて神保町までお昼を食べに行くことになった。
目的の店はおなじみスープカレーの店「オオドリー」。
前回の訪問は5月29日なので、もう4か月以上経っている。
audrey23
[鴻(オオドリー) 神田駿河台店 その6]の続きを読む