2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

神保町でカレー部長をしていた頃はよく欧風カレーを食べていた。
神保町には有名店ボンディと、そこから派生したと思われるペルソナという店があったからだ。
今日は久しぶりにそんなボンディ系の欧風カレーが食べたくなった。
そこで調べてみると、今の職場の比較的近くに欧風カレーを出す店があることが判明した。
その店の名前は「Café★2002(カフェ ドゥ・ミル・ドゥ)」。
新橋の赤れんが通り沿いにある。
cafe2002-1

店の前まで行くと、店内の様子がよくわかる。
明らかにお客さんは誰も入っていない。
しかしここで引き返しては部長失格である。
勇気を振り絞って中に入ってみることにした。

店内はカウンター席のみ、しかもたったの9席という小ぢんまりとした店である。
壁には東京ヴェルディ1969のポスターがいくつも貼られている。
ここのご主人はヴェルディファンに違いない。
メニューの色まで緑色だ。

部長は一番人気というチーズビーたま(メニューではチーズたまごMixとなっている)(900円)を注文した。
辛さは5段階から選べるが、初めてなので3番目の辛口にした。

注文してすぐに付け合わせのじゃがいもが出てきた。
欧風カレーといえばふかしたじゃがいもというのは、カレー部員の皆さんにはもう常識であろう。
しかし、ここのじゃがいもはほかの店と何か違う。
よくよく見ると、

半分しかない!
cafe2002-2

これはちょっとセコい。
ペルソナなら、いつもじゃがいも2個だ。
せめて1個丸ごと出してほしかった。
だが、大事なのはカレーのほうだと思い、ここは大人の態度でぐっと我慢だ。

しばらくするとカレーが登場した。
cafe2002-3

この店のカレーはポットに入って出てくるのではなく、
もう既にライスの上にかかっている。
カレーの上にはチーズが乗っており、ライスの脇にはゆで玉子のスライスしたのが添えられている。
さて、味はどうだろう。食べてみる。

美味しい!

最初は甘みが強く、後から辛さが襲ってくる。
まさにボンディ系の欧風カレーそのもののである。
久しぶりにこの手のカレーを食べたが、懐かしい味に嬉しくなってしまった。

ただ、ボリューム的には少々物足りない。
全般的に量が少ないうえに、牛肉も少ししか入っていない。
まあ、千円以上するのが一般的な欧風カレーで、900円というのは破格ではあるのだが、
食べ終わった後も、腹八分どころか腹五分ぐらいの感じであった。
ヘルシアさんのような食べ盛りの人は大盛りにすることを強くおすすめしたい。

この店、カレーのメニューはかなり豊富で、
中には「オレのヴェルディカレー」なんていうカレーもある。
何かと思ったらオクラが入っているらしい。
夜が少々早く終わってしまうのが残念だが、カレーは美味しいのでまた食べに来たいと思う。


こちらに移転しましたが閉店しました。
Café★2002(カフェ ドゥ・ミル・ドゥ)
住所:港区新橋5-5-5 パークテラビル1F
電話:03-3578-3435
営業時間:11:00~20:00
定休日:土日祝日
コメント
この記事へのコメント
こちらにコメントすみません>。<
過去記事への書き込みすみません。
部長さんのお気に入りの~というのはこちらですか??
又、先日行ってきたのですが、東中野にあるミ☆ドゥーと言うお店とは関係があるのでしょうか?
2007/10/03(水) 00:39 | URL | かりん☆ #-[ 編集]
欧風カレーは基本的に好きです。
ここのご主人は確かミ☆ドゥーで修業したんだと思います。
まだ一回しか行ったことないし、特別お気に入りというわけではないのですが、ミ☆ドゥーよりもこちらのカレーの味のほうが好きですね。
量が少ないのが難点ですが・・・
2007/10/04(木) 00:27 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
ありがとうございます♪
ここは職場からも近い(といえる範囲かどうか・・・)ので是非いってみます♪
2007/10/04(木) 01:22 | URL | かりん☆ #-[ 編集]
近くですか?
かりん☆さんの職場はこの近くですか?
この店は今は土曜日も休みみたいなので、職場が近くないとなかなか行くチャンスなさそうですね。
2007/10/04(木) 22:07 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
近い範囲かと・・・
今は土曜日もおやすみなのですね。
会社は渋谷区なので、近い??というか8時には余裕でいける範囲なので。
ありがとうございました♪
行ってみます。
2007/10/04(木) 22:43 | URL | かりん☆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/87-07d7702e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック