2017/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2017/03

再び高岡(富山)にやって来た部長である。
今日の昼ははごろも定食だったので、夜は何としてもカレーを食べたいところだ。
ところが、アッシーくんであるW林さんがK下親分から呼び出しを食らってしまったので、残されたY村さん、シミーさん、部長の3人は歩いて食べに行かなければならなくなった。
それならばと久しぶりにインド料理の店「シャングリラ」に行くことにした。
前回訪れたのは1月なので、3か月ぶりの訪問である。
shangri-la40
店内に入ると、厨房にインド人のシェフがいるのが見えたが、接客してくれたのは日本人の女性だった。
これまで何度かこの店を訪れているが、日本人の店員さんを見かけたのは初めてだ。
我々はあいていたテーブル席に着くことになった。
shangri-la41

さて、何にしようか。

部長はマトンのメニューの一番上にあった「ローガン ジョシ」を注文した。
もちろん「辛くしてください。」と言っておいた。
Y村さんは「チキン ラジャワブ」を辛さ普通で注文した。
Y村さん、辛さに関してはあの人と同じぐらい保守的なのかもしれない。
そしてシミーさんは店の名前の付いた「チキン シャングリラ」を注文。
ところが店員の女性に「一番辛いですがいいですか?」念を押された。
だが、そんなことぐらいで別のカレーに変更するようでは富山メンバーに入れるわけにはいかない。
シミーさんは変えずにそのまま「チキン シャングリラ」で行くことにした。

今日も「シーク カバブ」を注文。
shangri-la42
レタスで巻いて食べるこの独特なスタイルはやめられない。

そしてカレーが到着した。
部長が注文した「ローガン ジョシ」はマトンの入ったカレーである。
shangri-la43
食べてみると、やや酸味を感じる。
部長が酸味のあるカレーを苦手としていることは、この日記を書かさず読んでくださっている皆さんであればすでにご存じであろう。
だが、今回は辛くしたことで助かった。
多少酸味があっても辛ければ大丈夫だ。
普通の辛さにしてしまったらちょっとつらかったかもしれない。

こちらはY村さんが注文した「チキン ラジャワブ」
shangri-la44

そしてシミーさんが注文した「チキン シャングリラ」。
shangri-la45
さらさらスープ状のカレーである。
「あとから来ますね。」とは言っていたが、やはりそれほど辛くはなかったようだ。

忘れた頃におつまみ用として注文した「エビ チャート」がやってきた。
shangri-la46
Y村さんは「カレーよりこっちのほうが辛い」と言っていた。
予想外に辛かったせいか、自分で注文したのに、あまり手を付けていなかった。
やはり保守的だ。

この店、まだまだ何種類ものカレーがあるが、もうすぐ富山に来る機会もなくなってしまう。
もしもう1回来るチャンスがあれば、今度は野菜か豆の入ったカレーを食べてみたい。


シャングリラ
住所:富山県高岡市あわら町7-1(地図
電話:0766-26-6672
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)、17:30~22:30(L.O.22:00)
定休日:無休
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/742-16c457f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック