2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

今日は土曜日だ。
最近、平日にカレーを食べるチャンスが乏しくなってきているので、土日で1食ぐらいはカレーを食べておきたいところである。
そこで今日向かった先はインド料理の店「パンジャビ キッチン」。
punjabikitchen1
東急バス若林折返所バス停のすぐ目の前にある。
店内は4人掛けのボックス席が3つとカウンター席が5席ほど。
小ぢんまりとした店である。
punjabikitchen2

ボックス席の脇には本日のオススメカレーが貼られている。
punjabikitchen3

どのカレーにしようか悩んだが、上段の真ん中に貼られていた「シュリンプカレー」(1,380円)を食べてみることにした。
一番安い「チキンカレー」だと580円なので、なんと倍以上する。
せっかくなので「サフランライス」(250円)と「キャベツインド風味」(480円)と「釜焼き卵」(180円)も一緒に注文した。

注文してしばらくすると「釜焼き卵」と「キャベツインド風味」がやって来た。
punjabikitchen4
punjabikitchen5

「釜焼き卵」はその名のとおり、タンドール釜で焼いた卵のようだ。
微妙に味付けがなされているようだったが、ゆで卵とどう違うのだろうか?
殻がパリパリに割れているし、なんだか食べにくくてもうひとつだ。

一方の「キャベツインド風味」はさっぱりとして美味しかった。
スパイスの風味がする浅漬けといったところだろうか。

そしてカレーの到着だ。
punjabikitchen6
カレーの辛さは「激辛」を選んだはずなのに、「辛口です。」と言われた。
まあいいか。
さっそく食べてみることにしよう。

カレーはスープ状で、エビのだしが効いているのか、まろやかで美味しい。
辛くしたので、あとからピリっと来て絶妙な辛さ加減だ。
これは満足できる一品だ。

しかし1,380円というのはランチに食べるカレーとしては少々高い。
1,000円以下のカレーもいくつかあるが、それでもナンやライスは別料金である。
美味しいことは美味しいが、店の内装を見てもちょっと割高感は否めない。

さて、この店、どこかの店に似ていることに気がついただろうか?

そう、世田谷通り沿いにある「スパイスマジック」だ。
メニューと席の配置、本日のオススメの貼り方がそっくりである。
まあ、部長はコバチューさんから情報を聞いていたので、最初からわかっていたのだが・・・

「スパイスマジック」よりはこちらのほうがすいてそうな気がする(あくまでも推測)ので、近所の人は訪れてみるといいだろう。


パンジャビ キッチン
住所:東京都世田谷区若林2-41-8 第3フキハイムB(地図
電話:03-3410-9739
営業時間:11:00~?
定休日:?
コメント
この記事へのコメント
次は・・・
部長、お疲れさまです。
ようやく行っていただいたようですね。
そう、スパイスマジックとほぼ同じ感じです。この店ができた頃は、スパイスマジックのマスターがいましたから。
その後、スパイスマジックに行った際にマスターに、「若林にできた店はここの姉妹店ですか?」と聞いたところ、「大体ね(笑)」と言われましたから。

で、チャオの再チャレンジはもちろんとして、次回は是非淡島のゴッホにいってみてください。
2009/03/31(火) 13:33 | URL | コバチュー #-[ 編集]
コバチューさんへ
店のつくりはスパイスマジックと似ているんですけど、こっちのほうが内装に金かけてないような気が(笑)少し安くしてもらえるとうれしいんですけどねえ。

次は淡島のゴッホにも行ってみたいと思います。
2009/03/31(火) 20:09 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/727-3a9c7ca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック