2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

ベルリンのCurrywurstは確かに有名だが、いわゆる「カレー」とは全く違う食べ物だ。
カレー部長としてはライスで食べるカレーが食べたい。
やっぱりドイツでは難しいか・・・そう思っていると、Dresden Neustadt駅の構内にアジア料理を出すスタンドがあるのを発見した。
ここならもしかしてカレーがあるかもしれない。
mai-mai1
メニューを見ると「hühnchen-curry」というのがあるではないか!
これはチキンカレーに違いない。
しかも5.5ユーロという手ごろな値段だ。
さっそく注文してみよう。

注文すると、後ろのキッチンでアジア人らしい男性が何かを炒め始めた。
うむ、どうやらここのカレーは煮込みではなく炒め物のようだ。
しばらくすると、注文した料理が出てきた。
mai-mai2

皿の右側にはライスが円柱型に盛られ、左側にはチキンと野菜を炒めたものが盛られている。
果たして味はどうだろうか。
食べてみることにしよう。

おや、醤油味だ。
しかも全然辛くない。
カレーというよりまるで中華丼だ。

結論としては、

これもカレーではない。

しかし味付け自体は間違いなくアジアのそれだ。
味も悪くないし、量も多めで結構お腹いっぱいになる。
ドイツで手軽にアジアンテイストを味わいたいときには訪れてみるといいだろう。


mai-mai
場所:Dresden Neustadt駅構内(地図
営業時間:8:00~20:00
コメント
この記事へのコメント
頑張れ、部長!
是非ともドイツでカレーを探して召し上がってください!
2008/12/31(水) 07:33 | URL | さきちゃん@大分帰省中 #kY.A8d5U[ 編集]
信じてます。&応援してます。
部長なら必ずカレーに出会える事を・・・・!
2008/12/31(水) 10:27 | URL | けいやん #-[ 編集]
さきちゃんさんへ
やっぱりドイツで「カレーライス」は難しかったようです。。。次回またチャレンジします。
それよりそろそろ大分にもカレーを食べに行かないといけませんねえ。
2008/12/31(水) 19:42 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
けいやんさんへ
いやあ、ヨーロッパでカレーにありつくのは非常に難しいですね。懲りずに次回またチャレンジしてみます。
2008/12/31(水) 19:46 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
ドイツでカレー
世界中でカレーを追い求める部長はさすがです。
ライスで食べるカレーとなるとやはり、日本食屋に行かなくてはならないのではないでしょうか、、、
2009/01/02(金) 10:19 | URL | いちぞう #-[ 編集]
いちぞうさんへ
いや、まだ国内もかなり残っているんですけどね。
海外の日本食レストランって寿司とか鉄板焼きばかりで、なかなかカレーを出してくれる店がないんですよね。
2009/01/03(土) 00:48 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
私もドレスデンへ!
部長の後を追って私もドレスデンへ行きましたよ!
ベルリンからドレスデンへ行く列車の車内で、この日記の登場人物と遭遇しました。
2009/01/05(月) 04:01 | URL | ヘルシア #-[ 編集]
ヘルシアさんへ
ですから「部長の後を追って」ではなく(以下略)

この日記の登場人物って誰でしょう??まさか保守的な人じゃないですよね。
2009/01/06(火) 00:19 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
やっぱりドイツは苦戦しますね
自分も10数年前、ミュンへンだけでしたが、ドイツでは大変苦戦し、とうとうまともなカレーが食べれませんでした。

ヨーロッパではイギリスとオランダ以外は、かなり苦戦しますね。
2009/01/14(水) 00:43 | URL | Dr Curry #-[ 編集]
Dr Curryさんへ
イギリスとオランダは昔植民地でそれぞれインドとインドネシアを持っていましたからね・・・ドイツでカレーはやはり難しいのでしょうか。カレーがなさそうな国でカレーを食べたほうがネタとしては面白そうなのですが。
2009/01/15(木) 02:29 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/673-5f841f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック