2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

今日の昼はヘルシアさんがミートボール達とどこかへ行ってしまったため、Sさんと二人で食べに行くことになった。
日比谷通りを南下して向かった先は「Nagafuchi」。
前回訪れたのは6月なので、半年ぶりの訪問である。
nagafuchi12
店内にはカウンター席とテーブル席がある。
我々は空いているテーブル席に腰を下ろした。
nagafuchi13

メニューを見ると、いつの間にか「ランチセット」なるものができている。
コーヒーか紅茶が付いて1,000円というお得な値段だ。
ランチセットのカレーは「オリジナルカレー」と「オリジナルカレーNo.2」の2種類から選べる。
「オリジナルカレー」のほうは22種類のスパイスを使ったオリジナルインド風スープカレーで、「No.2」のほうはコクと旨味をつけた限定20食の2代目カレーとのことだ。
部長はオリジナルのほうは食べたことがあるので、今日は「No.2」のほうにしてみることにした。
ライスは大盛にした(無料)。
Sさんは「オリジナルカレー」の大盛を、辛さ「激辛」で注文した。
なお、「No.2」のカレーのほうは辛さが選べないので注意が必要である。

しばらくすると、注文したカレーが運ばれてきた。
nagafuchi14
「オリジナル」よりも少しとろみがあるようだ。
味はどうだろうか。
食べてみることにする。

タマネギの甘さを感じる。
その一方で、辛さも全くないわけではなく、またスパイスの複雑な味も感じる。
「オリジナル」はやや薄味で物足りない気もしたが、こちらのカレーはコクもあってバランスの取れたカレーであると感じた。
辛さを選べないことを除けば、「オリジナル」よりもこちらの「No.2」のほうが個人的には好みだ。

一方のSさんはといえば・・・
なぜか「激辛」のカレーに苦戦していたようだった。
あの「札幌ドミニカ神田店」(閉店)で「10番」を一番最初に完食したのに、今日はカレーを少し残してしまっていた。
ここのカレー、「激辛」が一番辛いわけではなく、その上に「超激辛」があるにもかかわらず、である。
Sさんは辛さに弱くなってきているようだ。
おそらく激辛仲間のOさんが出向でいなくなってしまったのが響いているのだろう。
これで部長までリストラで飛ばされてしまったら、もうSさんは激辛カレーは食べられなくなるのかもしれない。


カレー屋 Nagafuchi
住所:東京都港区西新橋3-5-1(地図
電話:03-5401-1271
営業時間:11:00~21:00 (L.O.20:00)
定休日:土日祝日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/662-d396315b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック