2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は金曜日。
言わずと知れた「カレー曜日」である。
そこで今日は久しぶりに「昼・夜カレー」に挑戦してみることにした。

普段あまり使わない都営三田線に乗り、西巣鴨で降りる。
地上に出て明治通りを渡って少し歩くと、目的の店が現れた。
その店の名前は「魔女のスプーン」。
北海道・富良野にあるカレー屋の東京店である。
majonospoon1
店内に入ると、夜だというのにお客さんがたくさん入っていて、うるさいぐらいにぎわっていた。
部長は一人だったので、カウンター席に座ることになった。
majonospoon2

さて、何を食べようか。
ここの店は納豆の入ったカレーが有名らしい。
だが、部長にとって納豆はNGワードだ。
そこで今日は「季節の野菜スープカレー」(1,150円)を注文することにした。
辛さが選べるのか聞いてみたところ、「大辛」(+50円)と「特辛」(+100円)があるとのこと。
なあに、プラス100円だし大したことないだろう。
迷わず「特辛」を選択した。

だが、たまたま運悪くスープが切れていて、作るのに少し時間がかかるとのこと。
短気でない部長は余裕の態度で待つことにした。
すると待っている間にサービスでサラダを持ってきてくれた。
いやあ、うれしいねえ。

20分以上経って、ようやくスープカレーが運ばれてきた。
majonospoon3

ライスはターメリックライスだ。
majonospoon4

それでは食べてみることにしよう。
ここのスープはどんな味だろうか。

辛い!ゲホ、ゲホ。

むせてしまった。
このスープ、予想していたよりも辛い。
カイエンペッパーを大量に投入しているのだろうか。
スープがさらさらであるため、辛さが喉を直撃する。
鶏ガラと豚骨でだしを取っているそうなのだが、辛過ぎていまいちわからない。
もう少し辛さを控えめにしたらきっと美味しいだろう。

具はニンジン、ジャガイモ、カボチャ、ナス、ピーマン、ブロッコリーと鶏の手羽元1本。
それほどボリュームがあるようには見えなかったが、思ったよりお腹いっぱいになった。

ライスがやや多かったこともあり、なんとか水を飲まずに完食できたものの、初めから「特辛」はちょっと飛ばしすぎた気がする。
今度来たときは「大辛」のスープカレーか、ルーカレーを試してみたい。


魔女のスプーン 東京店
住所:東京都北区滝野川5-1-1(地図
電話:03-3910-0248
営業時間:11:30~14:00、17:00~21:00
定休日:月曜日
コメント
この記事へのコメント
火曜日
部長、私のカレー曜日は火(カ)曜日です。(それがどうした)

野菜だけだったんですか?肉っ気がない夕食は珍しいですね。
次回大辛にした際のレポート楽しみにしています。
2008/11/29(土) 07:58 | URL | さきちゃん #kY.A8d5U[ 編集]
こんにちは。
スープカレーにはまだまだ疎いので、ここは知りませんでした。
部長さんが咳き込むとは、かなり辛いのでしょうね。
今度行ってみたいと思います。
2008/11/29(土) 14:26 | URL | たいめい #FFeI7iKU[ 編集]
さきちゃんさんへ
まあ、カレー曜日は人それぞれ違いますからね(笑)
部長もたまには野菜カレーが食べたくなることもありますよ。たまにですが。
次回は大辛のルーカレーを食べてみたいと思います。
2008/11/29(土) 18:43 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
たいめいさんへ
部長もスープカレー専門ではないので、この店は最近知ったばかりです。
ほかにもっと辛いカレーを出す店はたくさんあると思いますが、ここのスープカレーは全然どろっとしていないので喉に直撃します。ぜひチャレンジしてみてください。
2008/11/29(土) 18:46 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/652-8bf5c153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。