2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

今日のランチはI崎さんと二人だ。
車がないので食べに行ける店は限定されてしまう。
「歩いてもよければインディアンカレーという店もありますけど。」と部長が言うと、I崎さんも乗り気だ。
そこで今日は天気もいいことだし、インディアンカレーまで歩いて行くことにした。
前回訪れたのは7月11日なので、4か月ぶりの訪問である。
indian-takaoka5.jpg
このあたりは食べる所が少ないのか、多くのお客さんでにぎわっていた。
我々はカウンター席に座ることになった。

さて、今回注文するものはもうすでに決めてある。
前回食べた時からずっと次回はこれにしようと決めていた「野菜玉カツ」(750円)である。
これは「野菜玉子入りカレー」にさらにカツをトッピングしたものである。
メニューには載っていないが、お客さんの多くがこれを注文しているのだ。
なお、I崎さんは保守的に普通の「カツカレー」を注文していた。

しばらくすると注文したカレーがやって来た。
indian-takaoka6.jpg
キャベツの黄緑色、玉子の黄色とケチャップの赤色、そしてカツの茶色と、見た目は非常に美しい。

果たして味はどうだろうか。
食べてみることにしよう。

うーん、相変わらずカレーは酸味が強い。
そして辛くない。
部長の苦手な種類のカレーであることに変わりはないようだ。
だが、カレーの上にしっかり乗っている「野菜玉」(野菜といってもタマネギしか入っていないが・・・)とカツのおかげでカレーの酸味もいくぶん緩和されていた。
特にカツは普通のとんかつとは違って薄くてカレーとよく合うように作られている。
全体としてはバランスのよいカレーであると言えるだろう。

I崎さんは食べ終わってもずっと厨房の様子を観察していた。
そして一言、「部長、今度はエビカレーを食べないといけませんよ。」
ほかの揚げ物と違い、エビフライだけは店のご主人が奥にわざわざエビを取りに行っており、しかも揚げ時間もカツよりもはるかに長いそうだ。
確かにエビカレーは1,000円と、この店にとっては「スペシャルメニュー」と言っていい価格だ。
エビちゃん好きの部長としては、一度食べてみる必要がありそうだ。
来週は東京からI井さんが来るので、彼をだましてこの店に連れて行こうと思う。

近くにはこんな雰囲気の通りもあった。
kanayamachi


インディアンカレー
住所:富山県高岡市昭和町3-3-22(地図
電話:0766-21-8139
営業時間:?
定休日:?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/639-3e525e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック