2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

今日からまた富山で仕事である。
だが、今週はやることが多くて非常に忙しい。
今日もすっかり遅くなってしまった。
しかし太陽光で動くS木さんと違って、部長は何か食べないと動けない。
そこで今日もW林さんとともに「タージ・マハール 戸出店」にカレーを食べに行くことにした。
先週の金曜日に行ったばかりだが、この店のカレーは美味しいので問題はない。

今日もあやしく黄色に光る建物が迎えてくれた。
tajmahal-toide20
そして今日もいつもと同じ席だ。
tajmahal-toide21

しかし何を注文するかが問題である。
なぜなら先週の金曜日に既に「グリーンカシミール」の辛いバージョンを食べてしまったからだ。
これ以上辛いカレーはない。

ふとメニューを見ると「日本風カリー」というのが目にとまった。
tajmahal-toide22
「甘~いカレー」とあるが、これを辛くできればいい。
人のよさそうなマスターに辛くできるか聞いてみると、「できんことはない。」という返事が返ってきた。
よし、今日は「日本風カリー」に決まりだ。
そこでエビ好きの部長は「エビフライカリー」(1,150円)を注文することにした。
そしてサイドメニューは「鶏皮となんこつパリコリ揚げ」(420円)を注文した。

食前にはもちろんラッシーだ(追加料金105円)。
tajmahal-toide23
ここのラッシーは甘さと酸っぱさが絶妙で、しかも濃厚だ。
もしかしたら今まで飲んだラッシーの中で一番美味しいかもしれない。

しばらくすると「鶏皮となんこつパリコリ揚げ」がやって来た。
tajmahal-toide24
鶏皮の唐揚げにはスパイスがこれでもかというぐらいたっぷりまぶしてある。
非常にスパイシーだ。
なんこつも食感がコリコリしていて美味しい。

そしていよいよ「エビフライカリー」の到着である。
ライスの上にエビフライが2本乗っている。
tajmahal-toide25

大きい!

立派なエビフライである。
富山のエビフライカレーのエビはどこも大きいのか!?

カレーは別の器に入っていた。
tajmahal-toide26

それではカレーをライスにかけて食べてみることにしよう。
tajmahal-toide27

食べた瞬間は甘さを感じたが、その後に辛さが襲ってきた。
中途半端ではない、しっかりとした辛さである。
それなのに味のバランスが崩れていない。
甘さと辛さ、それにクリームのような深い味。
バランスが絶妙である。
エビフライも食べごたえがあるし、いやあ、満足だ。

「タージ・マハール」は富山県内に何店舗かあるようだが、それでもこの戸出店が一番だという人もいるらしい。
ぜひまた食べに来たいと思う。


タージ・マハール 高岡戸出店
住所:富山県高岡市戸出町5-54-1(地図
電話:0766-62-0023
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/626-253e39d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック