2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

今日は珍しくヘルシアさんが職場にいたので、一緒にお昼を食べに行くことにした。
どこへ行こうか考えていると、ヘルシアさん、またしても「銀座でカレーが食べたい」と言う。
しかも「メルサのカレー」がいいと、店まで指定されてしまった。
「メルサのカレー」とはカレーとシチューで有名な「銀座古川」のことである。
今年の6月30日に訪れて以来、2回目の訪問である。
furukawa7
今日は並んでいる人もおらず、すんなり店内に入ることができた。
さすがにこのあたりまで来ると、新橋とは客層も違う。
furukawa8

さて、今日は何にしようか。
前回は海老フライが突き刺さっている「海老フライとドライピラフ カレークリーム添え」を食べたのだが、ちょっと重かった。
今日は普通のカレーにしたい。
そこで「ポークカツカレー」(1,800円)を選択した。

ヘルシアさんも同じく「ポークカツカレー」を注文した。
しかしそのあとお決まりのフレーズが・・・
「大盛りにできますか?」
さすが常に大盛りを注文しているヘルシアさんである。
カツカレーだとそれだけでヘビーなはずだが、さらに大盛りにするとは胃袋の鍛え方が半端ではない。

しかし今日のヘルシアさんはこれだけではなかった。
「あと、カニクリームコロッケをください。」
まだ揚げ物を食べる気ですか!!

しばらくすると、ヘルシアさんが注文した「カニクリームコロッケ」がやって来た。
furukawa9
思ったより小ぶりだ。
でもこれだけで750円する。

そしてまたしばらくすると、部長の注文した「ポークカツカレー」が運ばれてきた。
furukawa10
大きめのカツが乗っていて、結構ボリュームがありそうだ。

そしてヘルシアさんが注文した「大盛」も登場した。
furukawa11
カツは盛り上がっているし、ちょっと揺らしたらカレーがこぼれてしまいそうだ。

それでは食べてみることにしよう。
お、濃厚な味だ。
辛さも酸味も甘さも控えめだが、コクがある。
ちょっと塩味が強いが、洋食屋のカレーとしては美味しいほうではないだろうか。
しかし驚いたのがカツのボリュームだ。
furukawa12
実はカレーの下にもカツが埋もれていたのだ。
表面に出ているのは半分ぐらいだと思ったほうがいい。
カツの一切れ一切れは薄くてカレーとよくなじむのだが、いかんせん量が多い。
普通盛りでも十分にお腹いっぱいになる量である。

一方のヘルシアさん、さすがに今日の量は多過ぎたようだ。
珍しく「苦しい~」を連発していた。
そういえば・・・と思い、改めて前回の日記を読み返してみると、なんとヘルシアさん、前回もやはり「ポークカツカレー」を注文している。
しかも「量が多かった。大盛りにしなくてよかった。」と言っているではないか。
それなのに大盛りを頼むとは、チャレンジャーなのか、それともただ忘れていただけなのか・・・
いずれにしてもこんな調子で食べているようでは、人間ドックに行ったら帰って来られなそうである。

ちなみに隣の席の人はビーフシチューらしきものを食べていて、見るからに美味しそうだった。
次回来たらカレーではなく、ビーフシチューを食べてみようと思う。


銀座古川
住所:東京都中央区銀座5-7-10 ニューメルサビル7F(地図
電話:03-3574-7005
営業時間:11:00~14:30(L.O.)、17:30~20:30(L.O.)
定休日:ニューメルサに準ずる
コメント
この記事へのコメント
量は本当にすごい!
カツがおいしくさくさくなので食べ進むことはできますがこのビーフは本当にびっくりする量でした。

本当にこぼれそうな量ですね。
ほうれん草カレーもきれいでしたが、私も時には周りのお客さんはほとんどシチューをオーダーされていたので私も今度はシチューをいただいてみたいです。
2008/10/14(火) 12:14 | URL | かりん #4bWz8s1g[ 編集]
かりんさんへ
いやあ、ここのカレーは普通盛りでも量が多いです。カツも普通の店の倍ぐらいの大きさがありますね。黒烏龍茶1本ではチャラにできません。
やっぱりこの店はシチューが有名みたいですね。次回は絶対シチューにします(日記には書けませんが)。
2008/10/14(火) 23:51 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/570-2e38e71c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック