2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

「新カレー部長日記」を始めてから全国各地でカレーを食べ歩いているが、九州でまだカレーを食べていない県が2県残っている。
佐賀と長崎だ。
そこで今日は佐賀に遠征してカレーを食べることにした。
天気予報では今日の九州地方は雨とのことだったが、九州に入るとすっかり雨は上がっていて、晴れ間も見えていた。
saga080921
やっぱり部長は晴れ男だ。

さて、目的の店は佐賀市にある「白山文雅」という店。
欧風カレーを出す店とのことで、以前からずっと行ってみたいと思っていた。
JR佐賀駅から15分ぐらい歩くと、目的の店が現れた。
shirayamabunga1
それでは中に入ってみよう。

店内は街のレストランといった感じで、落ち着いた雰囲気で居心地がいい。
shirayamabunga2
もともとフレンチの店だったのだが、今ではカレーのほうがメインになっているようだ。

メニューを見ると、カレーの種類はいくつもあったが、店の名前を冠した「文雅カレー」というのが気になった。
値段は2,625円で、普通のビーフカレー(1,365円)の倍近い。
どうしようかと迷っていると白髪のシェフがやって来たので「文雅カレーはどんなカレーですか?」と聞くと、「欧風カレーでフィレ肉を使っています。肉の質が違います。」とのこと。
「欧風カレー」「フィレ肉」という言葉に釣られ、思い切って「文雅カレー」を注文することにした。

しばらくすると薬味がやって来た。
shirayamabunga3
福神漬け、キュウリ、ラッキョウのトリオだ。

続いてセットのサラダがやって来て、それを食べているといよいよカレーの到着である。
shirayamabunga4
あれ?たったこれだけ?



そんなはずはない。
心配は無用である。
ライスは別の器にたっぷり入っていて、自分で好きなだけおかわりすることができる。
shirayamabunga5

もちろんカレーもポットにたっぷり入っている。
shirayamabunga6

それでは食べてみることにしよう。

美味しい!

まさにフレンチのシェフが作ったカレーである。
酸味があるのに、全然気にならない。
いや、それどころか甘みと、後からやってくる胡椒系の辛さとあいまって非常に深い味を出している。
これはくせになりそうだ。
具のビーフもこのままステーキにして食べてもいいのではないかと思うぐらい、口の中で肉の味が広がる。
しかも量もたっぷりだ。
shirayamabunga7

バターや生クリームが効きすぎている欧風カレーだと途中で飽きてしまうことがあるのだが、ここのカレーは全くそんなことがなかった。
出されたライスもしっかり全部食べ尽くした。

いやあ、今日のカレーは美味しかった。
わざわざ佐賀まで来た甲斐があったというものだ。
これだから全国のカレー食べ歩きはやめられない。
佐賀に行くことがあったら絶対に訪れたい店である。


白山文雅
住所:佐賀県佐賀市白山1-2-1(地図
電話:0952-23-4789
営業時間:平日11:30~14:30(L.O.)、17:30~21:00(L.O.)
       土日祝日11:30~14:30(L.O.)、17:00~21:00(L.O.)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/554-1abc47a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック