2006/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2006/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週はまたしても高岡での仕事だ。
メンバーは部長のほか、東京から応援で来てもらったKカツさん、それに毎度おなじみW林さんだ。
となれば、お昼は当然カレーである。
高岡市内のカレー屋はかなり行ったはずなのだが、まだ1軒行っていない店があった。
その店とはバイブル『北陸カレー万歳』にも載っている「亜細亜館」である。
ajiakan1
この店、本格カレーがランチサービスで500円らしい。
ajiakan2
本当にこんなに安いのか!?

とにかく店の中に入ってみることにしよう。

店内はテーブル席が並んでいた。
店の女性は暗い声で我々を奥の席へと案内してくれた。
ajiakan3

さて、何にしようか。
メニューを見て我々は驚いた。
店の大きさからは想像できないほど、たくさんの種類のカレーがあるではないか。
その中にランチカレーメニューがあった。
全部で6種類あり、そのうち2種類がなんと500円という安さだ。
部長はその中で一番辛いという「コンノートカレー」(600円)を選び、ドリンク・サラダセット(+300円)にしてもらうことにした。
W林さんはランチカレーではなく「素揚げ季節野菜のスープカレー」(1,000円)のドリンク・サラダセットを、Kカツさんはランチカレーの「野菜と牛肉のカレー」(500円)のドリンク・サラダセットを注文した。

しばらくすると部長が注文した「コンノートカレー」が運ばれてきた。
ajiakan4
おや、これはどこかのカレーに似ているぞ。
読者の皆さんもお気づきかもしれないが、デリーあるいはタージ・マハールの「(ブラック)カシミールカリー」によく似ている。
味はどうか。
味もやや酸味があり、「カシミールカリー」によく似た味だ。
ただ、こちらのカレーは辛さが明らかに弱く、若干ぼやけた味になってしまっている。
メニューには「店主一押し激辛カレー」と書いてあったが、激辛には程遠い辛さである。
もっとも600円という値段を考えればまずまずだろう。

こちらはW林さんが注文した「素揚げ季節野菜のスープカレー」である。
ajiakan5
思ったよりも辛かったらしく、ヒーヒー言って涙目になりながら食べていた。
W林さんいわく「青唐辛子が入っていた。」とのこと。
どう見てもシシトウなのだが。

こちらはKカツさんが注文した「野菜と牛肉のカレー」。
ajiakan6
見た目はいかにも「カレーライス」という感じで美味しそうだ。
実際はどんな味だったのだろうか。

この店、カレーの種類が豊富で、なんと欧風カレーもあるようだ。
またチャンスがあれば食べに来たいと思う。


亜細亜館
住所:富山県高岡市赤祖父315(地図
電話:0766-25-4981
営業時間:11:30~14:30(L.O.)、17:30~21:30(L.O.)
定休日:水曜日
コメント
この記事へのコメント
 亜細亜館さん。残念ながら今年の春に閉店されました。
 建物はそのままありますが、2009年9月現在は営業されておりません。

 お知らせまで。
2009/09/05(土) 20:33 | URL | お知らせ、通りびと #wXplh1Yc[ 編集]
情報ありがとうございます。
お知らせ、通りびとさん、情報ありがとうございます。
今年の春にすでに閉店していたのですね。建物がそのままだったのでまだ営業していると思っていたのですが・・・
2009/09/06(日) 00:15 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/543-28c2ba29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。