2017/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
島根でもカレーを食べたことだし、次の目的地へと向かおう。
そう思っていたのだが、なんと松江駅の駅ビル(高架下)にカレー屋があることを発見してしまった。
それも部長の好きな欧風カレーの店だ。
次回松江に来るのはいつになるかわからない。
急遽予定を変更してここでもう1食食べておくことにした。
その店の名前は「Iry(アイリー)」。
iry1
月桂樹のようなマークがなんとなく某欧風カレー店のマークに似ているのだが気のせいだろうか。
とにかく、店内に入ってみることにしよう。
店内はテーブル席が並んでいた。
禁煙席が希望と告げると、窓際の席へと案内された。
iry2
さて、どんなカレーがあるのだろうか。
メニューを見ると、
iry3
おや、「ボンディ こだわりの本格欧風カレー」とあるぞ。
やはりボンディと関係のある店なのか。
よく見ると、店員さんの着ているポロシャツも前には「Iry」と書いてあるが、後ろには「Bondy」と書かれている。
店内にもしっかり「Bondy パートナー」とあるではないか。
iry4
そうと分かれば話は簡単だ。
欧風カレーといえばビーフの部長が注文したのはもちろん「ビーフカレー」(980円)。
辛さは中辛だ。

しばらくすると、定番のじゃがいもが運ばれてきた。
iry5
松江でこのふかしたじゃがいもが食べられるとは感激だ!
ほくほくしていて美味しい。

カレーはステンレス製ではなく、陶器のポットに入ってやってきた。
iry6
ちょっと量が少ないような気がするが、カレーをライスにかけて食べてみることにしよう。
iry7

甘くて美味しい!

いやあ、これはまさしく欧風カレーの味だ。
ちょっと辛さは控えめな感じだったので、もしかしたら辛口にしたほうがよかったかもしれないが、それでも十分に美味しい。
具のビーフはややぱさつき気味だったが、値段を考えたらまずまずといったところか。
ただ、やっぱりカレーの量は少なく、最後は少しライスが余り気味であった。
ライスとのバランスを考えて、もうちょっとカレーの量を増やしてもらいたいところだ。

それともう一つ、窓際の席は日差しがもろに差し込んでくる。
暑いし、まぶしいし、お肌にも良くない。
早急にブラインドかロールスクリーンを設置してほしいところだ。

とはいえ、松江で欧風カレーが食べられる貴重な店であることは間違いない。
こんな店があるのは知らなかったなあと思ったら、今年の8月8日にオープンしたばかりとのこと。
これからぜひとも頑張ってもらいたいところである。


欧風カレーダイニング Iry(アイリー) シャミネ松江店
住所:島根県松江市朝日町472-2(地図
電話:0852-61-0339
営業時間:11:00~22:00
定休日:なし
コメント
この記事へのコメント
一日何食?
「さんぽう」も昼、「Iry」も昼ですよね。晩ご飯も食べたのでしょうか。
ところで米子市といえば、水木しげる氏の出身地、街ごと妖怪ランドの境港も近いですよね。行かれたのでしょうか。「墓場鬼太郎」の「ニセ鬼太郎の巻き」を参考にしているニセカレー部長としては気になるところです。
2008/08/15(金) 11:57 | URL | ニセカレー部長 #-[ 編集]
3食です
「G-MADRAS'」が昼、「さんぽう」も昼、そして「Iry」は夕食です。
残念ながら今回は境港は行きませんでした。水木しげるロードは一度行ってみたいとは思っているのですが、何しろカレー屋が見つからなかったもので・・・
2008/08/16(土) 00:57 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
一昨日こちらの店に行きました。
「神保町のボンディですか?」と聞いたところ、
「うちは山口のボンディです。東京のボンディと関係があるのかどうかわかりません」
と言われました。
きっと関係ないんだと思います……
味も全然違ったし……
2008/08/26(火) 16:32 | URL | chineko #7RpjbkKo[ 編集]
chinekoさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。
「神保町のボンディですか?」・・・それは禁句です!(笑)
レジのところに持ち帰り用のカレーが置いてあったので、山口ボンディの系列だとすぐにわかりましたよ。
こちらの日記もご覧ください。
http://currybucho.blog73.fc2.com/blog-entry-282.html
2008/08/27(水) 00:15 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/514-a3663957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。