2017/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2017/03

高岡遠征も今週で5週目。
いよいよラストである。
今週は一人なので夕食をどうしようかと考えていると、W林さんから連絡があり、カレーを食べに行きたいとのことだ。
そこで今日はW林さんの車でカレーを食べに行くことになった。

今日は高岡で花火大会が開催される日だそうだ。
せっかくなので花火を見物してから行くことにした。
takaoka-hanabi
さて、花火も終わったので、カレー屋に向かおう。
さすがに小矢部のJinJinまで行くのは遠いので、今日は「タージ・マハール高岡戸出店」に行ってみることにした。
この「タージ・マハール」、富山県を中心に8店舗(ほかに宅配専門店あり)存在するローカルチェーンのようだ。
「高岡戸出店」は高岡市内ではあるが、市街地からは少し離れた場所にある。
しばらく走っていると、いかにもカレー店らしい黄色い看板が視界に入ってきた。
するとW林さん、「あ、ここ何百回も前を通ってますよ。一回も入ったことないですけど。」と言う。
何ともったいないことを!
tajmahal-toide1
それでは店の中に入ってみることにしよう。
出迎えてくれたのはインド人ではなく日本人の女性。
もう一人も日本人の男性であった。
どうやらここは日本人が経営する店のようだ。
我々は入口近くのテーブル席に座ることにした。
tajmahal-toide2
メニューを見るとカレーの種類の豊富なことに驚かされた。
これはどれにしようか迷ってしまいそうだ。
おや、見たことのあるメニューがあるぞ。
「ブラックカシミールカリー」「レッドカシミールカリー」「グリーンカシミールカリー」・・・
これはデリーあわら店と同じではないか。
「コルマカリー」など、いかにもデリーらしいカレーもあるし、デリーと何か関係があるのだろうか。

迷ったあげく、部長はこの店で1番人気という「ブラックカシミールカリー」(820円)を注文することにした。
弱気なW林さんは一番辛くない「チキンカリー」(750円)を頼んでいた。

この店、サイドメニューも充実している。
「チキンスティック」(420円)はスパイスがまぶしてあり、いい香りがする。
ビールのおつまみにぴったりだ。
tajmahal-toide3
もっともほとんどの客は車で来るだろうから、ビールは飲めないわけだが。

そしていよいよカレーの到着である。
「カシミール」といえば黒いさらさらスープ状のカレーである。
そう思っていたのだが・・・
tajmahal-toide4
あれ?赤いぞ。
これは「ブラック」というより「レッド」ではないか?
しかもスパイスのいかにも辛そうなにおいがする。

食べてみると、やっぱり辛い。
デリーの「ブラックカシミール」より明らかに辛い。
ちょうどデリーの「ブラックカシミール」と「レッドカシミール」を足して2で割ったような辛さと味である。
うーむ、この調子だとこの店の「レッドカシミール」や「グリーンカシミール」は相当危険そうだ。

とはいえ、この辛さは病みつきになる。
自然とライスが進むが、ライスも1回おかわりができるのはうれしいサービスだ。

そして食後のマンゴージュース(420円)。
tajmahal-toide5
濃厚な味でとても美味しかった。

いやあ、わざわざ食べに来た甲斐があった。
車でないと行けないので部長のようなよそ者にとってはハードルが高いが、機会があればぜひまた訪れたいところである。


タージ・マハール 高岡戸出店
住所:富山県高岡市戸出町5-54-1(地図
電話:0766-62-0023
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/504-e306e161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック