2017/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2017/03

福岡の2軒目は部長の好きな店に行くことにした。
その店とは「カレー屋 辛樹」。
以前にも何度か訪れているのだが、久しぶりにまた食べたくなった。
ところがこの店、福岡の市街地からは少し離れた場所にあるので、訪れるのはちょっと大変だ。
西鉄バスに乗って「友丘」バス停で降りる。
そこから5分ほど歩くと目的の店に到着だ。
karaki1
ちょうど夕食の時間だったせいもあり、店内には結構お客さんが入っていた。
店内はテーブル席とカウンター席があり、カウンター席の向こう側が厨房になっている。
karaki2

部長は一人だったが、2人がけのテーブル席が空いていたのでそこに座った。

さて、注文するものはすでに決めている。
「特製ビーフカレー・ナスとキノコ入り」(1,050円)だ。
ここのカレーは「特製ビーフカレー」以外にも3種類ほどカレーソースがあるようなのだが、メニューの一番左上に載っている、すなわち看板メニューが「特製ビーフカレー」である。
ビーフ好きの部長としては「特製ビーフカレー」を食べないわけにはいかないだろう。
また、「ナスとキノコ入り」のほかに「コロッケ入り」というのもあり、昔食べたことがあるのだが、こちらはちょっと重たい。
メタボが気になる部長としては、やはり「ナスとキノコ入り」がベストな選択だ。
辛さは7段階から選べるが、ちょうど真ん中の「やや辛」にしておいた。

注文してからカレーが出てくるまでには少し時間がかかる。
厨房からはマスターが何かを揚げたりソテーしたりする音が聞こえてくる。

さあ、いよいよ料理の到着だ。
具材であるビーフ、ナス、キノコなどはソテーされてそのままライスの上に盛り付けられている。
karaki3

このままでもいけそうだが、これとは別にカレーがポットに入っている。
karaki4

それではカレーをライスにかけて食べてみることにしよう。

美味しい!
さらっとしているのに濃厚な味だ。
ジャンルとしては欧風カレーに入るのだろうが、じっくりダシを取ってソースを作っているのか、非常にコクがある味だ。
一方、甘さはあまり感じられない。
このカレーソースならもうワンランク辛くしてもよかったかもしれない。
また、ビーフやキノコなどの具材はしっかり洋風の味付けがなされており、カレーなしでも食べられてしまうほどの旨さ。
おかげで最後はライスが足りなくなってしまった。
うれしい誤算だ。

久しぶりに食べたが、やっぱりここのカレーは美味しい。
いつも「特製ビーフカレー」なので、今度は野菜カレーなど、別の種類のカレーも食べてみたい。
と言いつつ、次回も「特製ビーフカレー」を頼んでしまいそうな気もするが・・・


カレー屋 辛樹
住所:福岡県福岡市城南区友丘3-6-9(地図
電話:092-801-7443
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)、18:00(※)~23:00(L.O.22:30)
       ※今日は18:30からでした。行かれる際はご確認を。
定休日:火曜日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/469-02800ca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック