2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

今日の東京地方は空が暗く、いつ雨が降り出してもおかしくない天気だ。
こんな日のお昼は手早くカレーを食べるに限る。
そこで今日は以前から気になっていた「加賀百万石カレー」という店に行ってみることにした。

店があるのは銀座コリドー街沿い。
hyakumangoku1

謎のキャラクターも描かれているが、チェーン店なのだろうか?
店内に入ると自動販売機があり、先に食券を買って席に着くシステムとなっていた。
カレーの種類は全部で9種類。
一番安いビーフカレーは何と500円という安さだ。
さて、加賀百万石といえば金沢、金沢といえば「金沢カレー」ということで、部長が選んだのはもちろん「カツカレー」(700円)である。
いわゆる「金沢カレー」の店ではトッピングはカツが定番だからである。
辛さが「普通」と「辛口」を選べるとのことだったので、もちろん「辛口」にしてもらった。
hyakumangoku2

食券を渡して席に着くと、すぐにセットのスープとサラダが運ばれてきた。
そしてそれから2、3分後経った頃に「カツカレー」がやって来た。
hyakumangoku3

てっきり「金沢カレー」の定番スタイルであるステンレスの器に入っているのかと思っていたが、ごく普通の皿に入っていた。
しかもカレーは水分の多いさらっとしたタイプで、カレーのチャンピオンのような濃厚でどろっとしたカレーとは全く異なっていた。
さて、味はどうだろうか。
食べてみることにしよう。

うーん、「辛口」にしたおかげで辛さは多少あるが、それでも突出した辛さではないし、コクやスパイスの香りも感じられない。
これでは駅などにあるスタンドカレーと一緒ではないか。
スプーンが先割れスプーンを使っているということ以外は、何の特徴もないカレーである。

このカレーのどこが「加賀百万石」なのかわからない。
前田利家公もきっとあの世で嘆いていることだろう。
「加賀百万石」を名乗るからにはもっと濃厚なルーにして、ステンレス製の器に入れて提供すべきである。
でなければ、思い切って金箔でも入れてみてはいかがだろうか。
カレーのチャンピオン高田馬場店も閉店してしまったので、本物の「金沢カレー」を目指してもうちょっと頑張ってもらいたいところである。


加賀百万石カレー
住所:東京都中央区銀座8-2-14 竜王ビル1F(地図
電話:03-3572-1955
営業時間:月~金11:00~翌5:00
       土11:00~19:00
定休日:日曜日

閉店しました。
hyakumangoku4
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/464-8b7a07aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック