2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は「悪の枢軸」内部ミーティングがあった。
しかし上の人が大事なことを何も決めてくれていなかったため、結局大した進展もなく終わってしまった。
しかも12時を過ぎてしまい、昼食もすっかり出遅れてしまった。
すると保守的で有名なI崎さんが「日比谷国際ビルの地下にカレーを出す店がありますよ。」と教えてくれた。
オフィスビルの地下の店はチェーン店が多く、普段はあまり利用しないのだが、たまには行ってみてもいいだろう。
I崎さん、Oさんと部長の3人は日比谷国際ビルに入り、エスカレータで地下2階へと降りた。
たどりついた先は「とりかく 日比谷シティ店」。
torikaku1

鶏料理の店のようだが、ここにカレーなどあるのだろうか。
店の入口脇に置かれている看板を見ると、確かにメニューに1つだけ「チキンカレー」とある。
torikaku2

我々は店の中へと向かった。

この店は先に代金を払って席に着くシステムとなっている。
部長とOさんは迷わず「チキンカレー」を選択した。
ここでOさんが店員さんに「辛くできますか?」と聞いてみた。

すると店員さんは困ったような顔をして、
「できません。」

やはり予想どおりだ。

I崎さんは今日も保守的に「唐揚げ定食」を選んでいた。
注文を済ませた我々が案内された席は掘りごたつの席。
torikaku3

我々3人は料理が出てくるのを待った。

しばらくすると、部長とOさんが注文した「チキンカレー」が運ばれてきた。
torikaku4

なんだか家庭用のカレールーの香りがするぞ。
味はどうだろうか。
食べてみることにしよう。

ずいぶんどろっとしたカレーだ。
小麦粉たっぷりである。
濃い目の味で、家庭風といえないこともないが、いくらなんでもどろどろし過ぎではないだろうか。

すると突然、Oさんが一緒に付いてきたスープをカレーにかけ始めた。
カレーのあまりのどろどろさに耐えられなくなったのだろうか。
しかし店でそれをするのは恥ずかしいぞ。

と思いつつ、部長もスープをカレーにかけてみた。
お、意外にいけるぞ。
きっとこのスープがチキンスープだからに違いない。
どろどろさも緩和されて、ちょうどいい感じになった。

するとOさん、今度はテーブルの上にあった七味唐辛子をカレーにかけ始めた。
このカレーは辛さが今一つだ。
確かに気持ちはわかるが、七味唐辛子はちょっと違うのではないだろうか。

と思いつつ、部長も七味唐辛子をカレーにかけてみた。
お、意外にいけるぞ。
やはりカレーはこれぐらいの辛さがないといけない。

Oさんはこれでもかというぐらい七味唐辛子をカレーの上にぶちまけていた。
おかげで卓上の七味唐辛子はほとんど全部使い切ってしまった。

結論としては、特別まずいわけでもないが、特別美味しいわけでもなかった。
オフィスビルの地下にあるチェーン店なので仕方がない。
ほかに入る店がなくなったときの手段として使うのがよさそうだ。


とりかく 日比谷シティ店
住所:東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビルB2F(地図
電話:03-5501-1811
営業時間:ランチは11:30~
定休日:土曜、日曜、祝日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/455-60a5d009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。