2006/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2006/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は秋田で仕事である。
出張といえば、やはりカレーである。
だが、これまでの出張で既に秋田駅周辺のカレーは食べ尽くしてしまった。
そこで今日はカレーを求めて弘前まで足を延ばすことにした。
ところが考えていた店のうち1軒は臨時休業、もう1軒はつぶれて携帯電話ショップになっていた。
これはピンチである。
ここまで来てカレーを食べなければ何のためにわざわざ弘前まで来たのかわからない。
そこで調べたところ、スープカレー屋が1軒あることがわかった。
最後の望みをかけて、店へと向かった。

よかった。今度はちゃんと営業しているぞ。
その店の名前は「KANDY SPICE(キャンディスパイス)」。
超レトロな雰囲気の弘南鉄道大鰐線の中央弘前駅の真向かいにある。
kandyspice1

それでは店に入ってみよう。

店内はテーブル席とカウンター席がある。
部長は一人なのでカウンター席に案内された。
kandyspice2

店の内装もスリランカ風にしているのだろうか。

さて、どのスープカレーにしようか。
この日記を欠かさず読んでくださっている皆さんには今さら言うまでもないだろう。
部長は初めて訪れるスープカレー店ではチキンの入ったものを頼むことにしているのだ。
ところがこの店、チキンのスープカレーが2種類あるではないか。
「チキン」と「骨付きチキン」である。
「チキン」のほうがメニューの一番上に載っているので看板メニューなのだろうが、やはりスープカレーといえば「骨付きチキン」で決まりだ。
そこで「骨付きチキン」(1,280円)にトッピングにカボチャ(100円)と、青森らしく「ホタテからあげ」(200円)を追加してもらうことにした。
辛さは10段階から選べるが、初めてなので9番にしておいた。

しばらくしてスープカレーが運ばれてきた。
kandyspice3

器からはみ出したチキンレッグをはじめ、トッピングをしたせいもあり、これでもかというぐらい具がたくさん入っている。
それに比べるとスープはやや少なめ。
味のほうはどうだろうか。
スープを一口飲んでみる。

美味しい!

口に入れた瞬間にしっかりとした甘みが味わえ、その後すぐに辛さが襲ってくる。
メリハリの効いた味で、部長の好みだ。
具のチキンも表面がカラっと揚げられており、非常に香ばしい。
なのに中はやわらかく、しかも大ぶりでボリューム満点だ。
トッピングで追加したホタテからあげも美味しかった。
最初、スープが少ないかなと感じたが、具がたっぷり入っていたので、かえってちょうどよかった。
これでスープ大盛(+150円)にしていたら、お腹がパンパンになっていたことだろう。

いやあ、今日のスープカレーは美味しかった。
「災い転じて福となす」とはまさにこのことだ。
この「KANDY SPICE」、北海道の旭川と釧路に店舗があり、スープカレー横丁にある「Rasata」も名前を変えてオープンした店だという。
なぜ弘前にあるのかは謎だが、青森県では貴重なスープカレー店なので頑張ってもらいたいと思う。


KANDY SPICE(キャンディスパイス) 弘前店
住所:青森県弘前市土手町78番地 ルネスアベニューパート1 1階 (地図
電話:0172-33-8426
営業時間:平日11:00~15:00、17:30~21:00(L.O.20:30)
       土日祝日11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:不定休(月2回)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/444-cf09c299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。