2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

ここしばらくずっと外に出ていることが多かったが、今日は久しぶりにOさん、Sさん、NRさんとともに職場近辺でお昼を食べることになった。
どこへ行こうか考えたが、久々に「チャオカリー」汐留店に行くことにした。
何だかんだ言ってもこの店はハズレがないのだ。
ciaocurry24

ちょっと出遅れたので相当待たないといけないかと思っていたが、思いのほか早く席に着くことができた。
ciaocurry25

さて、今日は何を注文しようか。
最近やや疲れ気味の部長である。
普段なら35以上の辛さをチョイスするところであるが、今日は27(+250円)にとどめておくことにした。
そこで安くなった分、カレーの方を一番高い「あさりベーコン野菜エッグcurry」(1,130円)にして、ライスは中盛り(+100円)にした。
激辛好きのOさんは「ベーコンエッグ野菜curry」(930円)をいつもの辛さ35(+330円)で、ライス大盛り(+190円)で注文した。
超激辛好きのSさんは「ベーコンエッグ野菜トマトcurry」(1,050円)を、何を血迷ったか生クリーム入り(+20円)で、ライス大盛りで注文した。
NRさんは「エビトマトcurry」(840円)を辛さ普通で注文した。
相変わらずI崎さんと同レベルの面白味のなさだ。

しばらくして我々が注文したカレーが運ばれてきた。
部長が注文したのは辛さ27であるが、見た目は以前注文した辛さ35とほとんど変わらない。
ciaocurry26

8も低い辛さなのに、もしかしてこれでも辛いのだろうか?
食べてみるとやはりここのカレー独特の辛さが口に広がる。
うーむ、思ったより辛い。
だが、35に比べるとだいぶおとなしめだ。
普通に食べて続けていても全然平気な辛さである。
なお、「あさりベーコン野菜エッグ」にしたのに、あさりが思ったほど入っていなくて少々がっかりした。
やはりこの店はベーコンが売りなのだろう。

一方、隣のOさんを見ると、ライスを大盛りにしたせいもあって、かなり苦しそうな表情だ。
最近、我々の間では「辛さ35は50よりも辛く感じる」という噂が流れている。
スパイスの配合が40以上になるとまた変わるのかもしれない。
何とか完食していたが、カレーがなくなった後も漬物を食べまくっていた。

ちなみにSさんが頼んだ生クリーム入りのカレーはこちら。
ciaocurry27

やはり生クリーム入りでは少々物足りなかったようだ。
生クリーム入りでも辛くできるようにしてもらいたいところである。


炒伽哩 汐留店
住所:東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング Pedi汐留2F(地図
電話:03-6274-5068
営業時間:平日11:00~22:00(L.O.21:30)
        休日11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:正月
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/429-f47494a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック