2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

丁字

金曜、土曜とカレーを食べるチャンスがなかった部長である。
明日からは2週間、千葉に行かないといけない。
少なくともランチにカレーは全く望めないところである。
となると今日は何としてもカレーを食べに行く必要がある。
そこで前からずっと行きたいと思っていたカレー屋に行くことにした。
その店とは井荻にある「丁字」である。

高校時代によく乗った懐かしの西武新宿線に乗り、井荻駅で降りる。
駅から北へ歩くこと5、6分。
環八と新青梅街道の交差点の所にあるので、店はすぐに分かった。
choji1
それでは店内に入ってみよう。
ウッディで温かみのある内装だ。
席はカウンター席が4席と、テーブル席が20席。
すいている時間帯だったので、部長は奥のテーブル席に着くことにした。
choji2

さて、カレーのメニューは全部で12種類。
どのカレーにしようか非常に迷うところである。
こういうときはメニューの一番上か一番下を選ぶのがセオリーであるが、メニュー表をよく見ると「(辛口)」と書いてあるものと書いていないものがある。
やはり辛口のほうがいいだろうと思い、「マトンカレー」(880円)を食べてみることにした。
また、「サモサ」(380円)も一緒に注文した。

しばらくすると「サモサ」がやって来た。
choji3

茶きん鮨のような、ちょっと変わった形をしたサモサだ。
割ってみると、中に茶色いドライカレーが入っているのだが、一緒にレーズンも入っており、レーズン好きにはたまらないテイストだ。
ちょっとマイルド過ぎる感じもしたが、一緒に付いてきたソースをつけて食べるとピリっと締まってなかなかおいしい。
ビールのおつまみにもよさそうだ。

そして「マトンカレー」が到着。
choji4

運ばれてきた瞬間からスパイスのかすかな香りが鼻をくすぐる。
それでは食べてみることにしよう。

美味しい!

スパイスの効いた、すっきりとしたシャープな味わいだ。
口に入れたときのスパイスの粒々感がたまらない。
マトンもごろごろとした塊がたっぷりと入っていて、ボリュームも満足である。
ライスのほかにバトウラ(ナンの生地を揚げたもの)が付いてくるのもお得である。

もっとも、メニューに辛口と書いてあった割には、カレーの辛さは思ったほどではなかった。
もうちょっと辛くてもいいかなという気もするが、老若男女、万人に受け入れられるカレーの辛さとしてはこれぐらいがちょうどいいのかもしれない。

おばちゃんの接客もよかったし、店内もまったりとした雰囲気で非常によかった。
わざわざ食べに来た甲斐があったというものだ。
今度また別の種類のカレーを食べに来たいと思う。


丁字
住所:東京都杉並区井草3-23-2(地図
電話:03-3399-1147
営業時間:平日11:30~15:00、17:00~21:00(L.O.20:30)
       土日11:30~21:00(L.O.20:30)
定休日:月曜日
コメント
この記事へのコメント
こちらには行ってみたい!
こちらには是非いってみたいとおもっていました。
コストパフォーマンスもいいですし、是非いってみたいです。
2008/04/30(水) 06:54 | URL | かりん☆ #-[ 編集]
かりんさんへ
さっそく行きそうな気がします。
でも5月5日までは休みですのでご注意を!
2008/04/30(水) 23:32 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/422-4e5d30d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック