2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金沢のカレー屋、ラストは「五十若 港店」である。
この店、元々は「カレーのチャンピオン」として営業していたのだが、去年、東インター店とともに独立したのだという。
isowaka1

果たしてチャンカレと比べて味はどうなのだろうか。
食べに行ってみることにしよう。
この店も最初に入口のところの自動販売機で食券を買う仕組みとなっている。
部長が選んだのは自販機のボタンの一番左に目立つように表示してあった「ワンコインサービスカツカレー」(500円)。
リッチな気分になりたかった部長は奮発して温泉玉子付きのセットのほうを選んだ(+50円)。
ただ、このワンコインカツ、いつもあるメニューなのか、それともタイムサービスなのかはわからない。
普通のカツカレーもあったが、なぜか750円する。
謎の価格設定である。

店内はカウンター席が20席弱と小上がりの席があるが、中途半端な時間に訪れたせいか、お客さんは地元のヤング3人だけ。
部長は入口近くのカウンター席に腰を下ろした。
isowaka2


席に着いて数分後、カレーが運ばれてきた。
isowaka3

てっきりステンレスの皿に盛られて出てくるのかと思いきや、普通の白い皿に入っての登場である。
カレーの上にはカツと赤いソーセージ、そして刻んだキャベツ。
スプーンはもちろん先割れスプーンだ。
ちなみに温泉玉子は殻のまま、別の器に入って出てきた。
isowaka4

味はどうだろうか。

どろっとしていてチャンカレと同じ系統の味ということだけは間違いないが、微妙に違う気がする。
こちらのほうがややスパイシーに感じたのだが、気のせいだろうか。
もしかしたら何か隠し味を使っているのかもしれない。
具のカツはサービスメニューのせいか、やや小さくて薄め。
ただ、薄いせいでかえってカレーとの相性はいい。

全般的に味は悪くなかったが、金沢の中心部からは少し離れているため、東京からわざわざ食べに行くにはちょっと遠いのが難点だ。
なお、店内に掲げられていた看板には全国展開を目指していると書いてあった。
東京に進出してくれることを期待したい。


金澤カレーの五十若 港店
住所:石川県金沢市北間町ホ181(地図
電話:076-237-6232
営業時間:月~土11:00~21:00
       日11:00~20:00
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/395-82febc6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。