2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は恒例の明治神宮お参りの日だ。
そこでお昼にカレーを食べることにした。
訪れた先は久々の「SHANTi 原宿店」。
おなじみスープカレーの店であるが、前回訪れたのは2006年の10月だから、なんと1年5か月ぶりの訪問である。
shanti-harajuku3
店内に入ると、見たところ空席はあるようだ。
ところが店員は「少々お待ちください」と言ったきり、席に案内しようとしない。
人手が足りないのか、それとも不慣れな店員のせいなのか、非常に手際が悪い。
しばらく待たされて、ようやく窓際のテーブル席へと案内された。
shanti-harajuku4

今日は久しぶりにチキンレッグの入ったスープカレーが食べたいところだ。
そこで定番の「チキンと野菜のスープカレー」(990円)にカボチャ(100円)をトッピングしてもらうことにした。
問題は辛さである。
昔は今ほど辛いカレーを食べていなかった部長である。
これまで1桁の辛さしか注文して来なかったが、いろいろな人のブログなどを見ると、どうやら1桁というのはあまりにレベルが低すぎるようだ。
そこでメニューに書いてある中では一番辛い40ボーガ(+400円)まで上げてみることにした(裏メニューではさらに上もあるようだが)。

しばらくして、注文したスープカレーがやって来た。
shanti-harajuku5

スープはオレンジ色をしており、ぱっと見た感じは辛そうだ。
ただ、前回の7ボーガもオレンジ色だったので、見た目からは辛さのレベルを判断できない。
それでは食べてみることにしよう。

やっぱり辛い!
さすが40ボーガともなると、一口目から強い衝撃を感じる。
ただ、この辛さにはすぐに慣れた。
この程度であれば間違いなく完食できそうだ。
しかもスープはただ辛いだけでなく、ちゃんと旨味を味わうことができる。
そして久しぶりに食べた大きくてやわらかいチキンレッグに感動。
スープカレーの具はいろいろあるが、やはりチキンレッグにかなうものはないと個人的には思う。
追加トッピングのカボチャも当たりだった。
スープが辛いので、甘いカボチャとの相性は非常によい。

ただ、スープの中には大量の青唐辛子が入っていたせいか、
shanti-harajuku6

食べ終わった後、胃にずしりと来るものを感じた。
もう少し辛くしても食べられないことはないだろうが、これぐらいの辛さが美味しく味わえる限度かもしれない。


SHANTi 原宿店
住所:東京都渋谷区神宮前3-26-11 ホノラリー原宿ビル2F(地図
電話:03-5772-6424
営業時間:11:30~25:00
定休日:無休
コメント
この記事へのコメント
同じです!
昔からすごく好きなんですよね☆
私は40だったら美味しくいただける範囲ですが50になるとかなり辛さがアップしてギリギリでした!
2008/03/02(日) 13:05 | URL | かりん☆ #-[ 編集]
50でギリギリとは
かりんさんはもうここへは行かないんですか?
50になると急に辛さがアップするんですね。次来た時は辛さの選択に迷いそうです。
2008/03/03(月) 00:05 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/379-4108e951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。