2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログは「東京の美味しいカレー屋さん紹介」ではない。
カレー部長の日記である。
既にいろいろなブログに書かれている店に行くより、どちらかといえばあまり有名でない店に行ってみたいという気持ちが強い。
だが、たまには有名店にも行ってみる必要があるだろう。
そこで今日は中野にある「シーサー」という店に行くことにした。
JR中野駅北口を出て東中野方向に少し歩くと、目的の店はすぐに見つかった。
駅のすぐ近くなので、電車で訪れるには非常に便利な場所である。
shisa1
店内はU字型のカウンター席が10席程度。
昼時を大きく過ぎていたにもかかわらず、4人もお客さんが入っていた。
壁には何となくインドを連想させるようなもので飾られている。
英国風カレーと謳いながらインテリアはインド風、そして店名は沖縄風という、謎に満ちた店である。
shisa2

さて、カレーの種類はたくさんあったが、牛肉好きの部長は迷わず「ビーフホンドボーカレー」(1,080円)を選んだ。
普通の辛さだとあまり辛くないらしいとのことだったので、大辛(+50円)にしてもらった。

注文してすぐにスープが提供された。
ランチタイムサービスの野菜クリームスープらしい。
それを飲んでしばらく待つと、ソースポットに入ったカレーとライスがやってきた。
shisa3

さっそくカレーをライスにかけて食べてみることにしよう。
shisa4

酸味のあるカレーだ。
部長が酸味の強いカレーをあまり好きではないことは読者の皆さんはすでにご存知であろう。
ところがここのカレーは違った。
酸味があるのに美味しいのである。
もちろん大辛にして食べやすくなったというのもあるのだが、何種類ものスパイスが使われているせいか、非常に味わい深いのだ。
カレーソースの中に入っている挽肉の食感もたまらない。
具のビーフは2切れと少な目ではあったが、しっかりとした味わいで満足であった。

いやあ、美味しかった。
ふと隣で食べているた女性のチキンカレー(女性がビーフカレーよりチキンカレーを好むのはなぜだろう?)をチラっと見ると、部長が食べたカレーと明らかに色が違う。
ビーフとチキンではカレーの味も違うのだろうか。
帰り際にマスターに店のチラシをもらった。
そこには使用しているスパイスとその効能が書かれていた。
「カレーによって使っているスパイスが違うんですよ。」とのこと。
これは別のカレーも試してみないといけないなあ。
マスターも感じよかったので、また近いうちに食べに行きたいと思う。


英国風カレーハウス シーサー
住所:東京都中野区中野5-32-9 日本通商ビル1F(地図
電話:03-5380-5420
営業時間:平日11:30~16:00、17:30~22:00
       土日祝日11:30~22:00
定休日:不定休
コメント
この記事へのコメント
ビーフホンドボーカレー大辛
私も同じメニューでした。美味しかったです。
お隣の喫茶店みたいなお店でもカレーがあって、結構人気のようです。
2008/02/18(月) 12:02 | URL | さきちゃん #kY.A8d5U[ 編集]
英国風カレーって・・・?
英国風カレーって一体どんなカレーなのでしょう?欧風カレーとは違うのでしょうか??
2008/02/18(月) 20:56 | URL | ヘルシア #-[ 編集]
さきちゃんさんへ
個々のカレー、酸味があるのに不思議と食べられるんですよね。
隣にもカレーを出す店ありましたね。
中央線沿線は疎いのでちょっとずつ攻めていこうと思っています。
2008/02/18(月) 23:07 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
ヘルシアさんへ
英国風と欧風・・・うーん、難しいですねえ。
欧風カレーのほうがヨーロッパ大陸っぽい響きですが、どうなんでしょう?
2008/02/18(月) 23:20 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/361-9bffc58c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。