2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

今日は仕事が早く終わったので、今年初の「昼・夜カレー」をやってみることにした。
最近、新規開拓が滞っているので、今日は何としてもこれまで行ったことのない店に行ってみたいところだ。
かといって、もう既に大勢の人が訪れているような店ではつまらない。
そこで選んだのは「カレー堂」。
都営浅草線の宝町駅と東京メトロ日比谷線・JR京葉線の八丁堀駅のちょうど中間に位置する店である。
currydo1
入口のところに食券の自動販売機があり、そこで食券を買ってから中に入る仕組みとなっている。
ここのカレーソースは3種類あるとのこと。
「ディープオニオンソース」「スーパースパイシーソース」それに「特製ソース」である。
カレーのメニューは10種類ほどあったが、やはりカレー部長としてはメニューの上から順番に食べていくべきであろう。
そこで今日は「ディープオニオンソース」を使用したカレーを食べてみることにした。
「ディープオニオンチキンカレー」というのが看板メニューのようだが、欲張りな部長はチキンの量が2倍という、「ディープオニオンチキンデラックス」(1,000円)を選んだ。

食券を買って中に入ると、カウンター席が4席だけ。
これはずいぶん窮屈な店だなあと思いながら、食券をカウンターの向こう側にいる人に渡すと、「2階へどうぞ」と言われた。
どうやら2階にも席があるらしい。
狭くて急な螺旋階段を上ると、そこにはテーブル席が並ぶ空間があった。
とはいえ、全部で10席程度しかないので、狭いことに変わりはない。
currydo2

客は予想どおり部長一人。
カレーが運ばれてくるのをじっくり待つことにしよう。

5分ぐらい経った頃だろうか、先ほどの店員さんがカレーを2階に運んできてくれた。
currydo3

カレーが目の前に置かれた瞬間からタマネギの焦げたようなにおいがただよってきた。
カレーを見るとずいぶんと黒い色をしている。
果たしてこのカレーはどんな味なのだろうか。
食べてみることにしよう。

残念。
酸味の強いカレーであった。
タマネギをふんだんに使っているので甘口なはずだが、甘味はあまり感じられず、むしろ酸味のほうが勝ってしまっている。
それでいて全然辛くないという、部長にとっては最も苦手な類のカレーである。
救いだったのは、「デラックス」にしたおかげでチキンがたっぷり入っていたこと。
ジャガイモと燻製たまごが添えられていたのにも助けられた。
もしこれらがなかったらきっと涙目になっていたに違いない。

まだほかの人があまり行ったことのなさそうな店を狙ったつもりだったが、今回は残念な結果に終わってしまった。
だが、あきらめるのはまだ早い。
ここのカレーソースはほかにあと2種類ある。
サラサラで辛い「スパイシーチキンカレー」に望みをつなぎたいところである。


カレー堂
住所:東京都中央区八丁堀3-8-4(地図
電話:03-5541-5777
営業時間:11:30~14:30、18:00~20:30
定休日:土日祝日
コメント
この記事へのコメント
う~ん……
聞いたことの無い店があんなビジネス街に!

僕も今週は新規開拓に走ってました。
全店制覇の道のりは遠いですね!
2008/01/24(木) 08:51 | URL | ピエール #-[ 編集]
新規開拓
まだあまり知られていない店に行くのって楽しいですよね。
はずすことも多いですが・・・

東京の北の方は全く行けてないので、全店制覇はとても無理です。
そもそも全店制覇したかどうかはどうやって判断するんでしょう??
2008/01/24(木) 23:02 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/343-efe5b194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック