2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

今日の昼も昨日に引き続き、I崎さん、Oさん、Sさん、部長の4人で食べに行くことになった。
昨日のカレーの辛さがちょっと物足りなかったので、今日はもうちょっと辛いカレーを食べに行くことにした。
そこで向かったのは汐留の「チャオカリー」である。
ciaocurry4
昼時なのでもちろん待たなければ入れなかった。
だが、カレー屋のいいところは待ち時間が短いことだ。
待っている人の列は長かったが、実際の待ち時間は10分程度だったように思う。

さて、今日食べるカレーの辛さは待っている間に既に決めていた。
部長は前回24HOTを食べたので、今日は一気に30HOTに乗せるつもりでいた。
ところがSさんが「せっかくなので35にしましょう。」と言うので、Sさん、Oさん、部長の3人は35HOTにすることにした。
結局、SさんとOさんは「ベーコンエッグ野菜curry」(840円)の35HOT(+330円)をライス大盛り+190円)で、部長は「エビエッグ野菜curry」(890円)の35HOTをライス中盛り(+100円)で注文した。
保守的なI崎さんは「チキン野菜ほうれん草curry」(920円)を辛さ普通、ライス中盛りで注文していた。
相変わらず面白みに欠ける選択だ。

注文してからカレーが出てくるまでにはそれほど時間がかからなかった。
SさんとOさんが注文したカレーが出てきた後、I崎さんが注文したカレーがやって来た。
ciaocurry5

うーむ、カレーはさらっとしており、なんだかウソっぽい。
部長はここのカレーがさらさらだという印象がないのだ。

そうこうしているうちに部長の注文したカレーもやって来た。
ciaocurry6

やはりここのカレーといえばどろっとしたこれである。
さっそく食べてみることにしよう。

辛くて美味しい!

35HOTでもぜんぜんいけるではないか。
そう思って食べ続けていた部長であるが、最初にライスにかかっていたカレーを食べ終わった頃からだんだん厳しくなってきた。
ここのカレー、辛さが口の中で蓄積されてくるのだ。
ふとSさんのほうを見ると、たまらず水を飲んでいる様子だった。
水を飲むと辛さが広がってしまい、余計厳しくなるはずだが、Sさんは水を飲んでも表情を変えず黙々と食べている。
きつそうだったのはOさんだ。
レストランとらのもんを思い出しましたよ。」とOさん。
また首がなくなってしまうのだろうか。

かなり悪戦苦闘した我々であるが、ようやくゴールが近付いてきた。
もちろんI崎さんは「普通」の辛さなので余裕のゴール。
続いて大盛りだったはずのSさんがゴールイン。
部長はカレーとライスのペース配分を間違え、最後はライスだけが残るという失敗を犯しながらゴールイン。
そして最後まで苦戦したOさんもタマネギの力を借りながら何とかゴールした。

今日はなかなか食べごたえのあるカレーであった。
35HOTをクリアーしたことで頂点の50HOTも視界に入ってきた。
来年のサムさんとの対決が楽しみである。


炒伽哩 汐留店
住所:東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング Pedi汐留2F
電話:03-6274-5068
営業時間:平日11:00~22:00(L.O.21:30)
        休日11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:正月
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/308-02e0c6e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック