2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

福岡の2軒目は半分名前に釣られて行ってみた店である。
その店の名前は「ボン田中」。
地下鉄空港線の赤坂駅の近くにある店である。
bontanaka1
夜の割には店内には結構お客さんが入っていた。
席は厨房を向いたカウンター席が8席と、壁の方を向いた席が2席だけなぜかぽつんと存在する。
カップルシートなのだろうか。
bontanaka2

部長は厨房の方を向いたカウンター席に座った。
ここのカレーのメニューは基本の「八年カリー」(ビーフカレー)があり、それに11種類あるトッピングを加えるようになっている。
この「八年カリー」というのは、料亭「田中田」でまかないとして8年間作っていたところから来た名前なのそうだ。
特製カツカレーやカレーパスタなど、ほかにもいくつかメニューはあるのだが、初めてなので部長は「マイカレー」(1,000円)というセットメニューにしてみた。
これはカレーに付いてくるトッピング2種類とサラダが自分で選べるというものだ。
部長はトッピングに「温泉玉子」と「赤ウィンナー」を選び、サラダはポテトサラダにした。

しばらくするとトレーに乗ってカレーが運ばれてきた。
bontanaka3

カレーはかなり黒っぽい色をしている。
果たしてどんな味なのだろうか。
食べてみることにしよう。

濃い!

非常に濃厚な味だ。
辛さはそれほどでもないが、塩味と甘味がぎゅっと濃縮されている。
具のビーフも完全に崩れて筋だけになっているし、これは相当煮込んでいるに違いない。
このカレーをトッピングなしで食べるのはちょっときついかもしれない。
温泉玉子を頼んでおいてちょうどよかった。
そして赤ウィンナー。
これは部長が子どもの頃、健康に悪いということで母に食べさせてもらえなかったものである。
ずっと食べることを夢見ていた赤ウィンナーをカレーと一緒に食べることが出来て幸せである。

味が濃いので、さすがに毎日食べたいとは思わないが、トッピングの種類が豊富なので、いずれまた食べに来たいと思う。
今度は「激辛」にするか「焼きカリー」を食べてみたい。


ボン田中
住所:福岡県福岡市中央区大名2-3-9
電話:092-737-9694
営業時間:11:00~22:30
定休日:ほぼ無休
コメント
この記事へのコメント
確かに
濃かったですね~
2007/12/21(金) 14:03 | URL | ちゃお #-[ 編集]
濃いです
温泉玉子かライス増量が必要ですね。
2007/12/22(土) 12:04 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
次は
ぜひ温泉玉子トッピングにチャレンジしてみます。
2007/12/22(土) 21:54 | URL | ちゃお #-[ 編集]
次は
いつになるかわかりませんが、激辛に挑戦してみたいと思っています。
2007/12/22(土) 22:57 | URL | カレー部長 #FwD2nOaY[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/09/06(木) 14:02 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/288-fb5b56e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック