2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

今日はせっかく遠くまで来たので、もう1食カレーを食べて帰ろうと思った。
そこで、前から気になっていた欧風カレーの店に行ってみることにした。
その店の名前は「PARFUM(パルファン)」。
東急田園都市線の藤が丘駅が最寄り駅なのだが、駅からも1kmぐらい離れていて、
途中で坂を上って下りないといけないから、地元の人以外はほとんど行かないだろう。
parfum1

さて、店内に入ると、お客さんはまたしても部長一人。
壁際にテーブル席が並んでいて、中央にはちょっと大き目の楕円形のテーブル席がある。
また、カウンター席もある。
入口付近には所狭しと観葉植物が並べられていて、ジャングルのような雰囲気。
リゾートを意識しているのだろうか?
また、入口の扉の上ではプロジェクターがあって、NHKの高校野球中継を映していた。
不思議な空間だ。

さて、カレーのメニューはミートミックスカレー、シーフードミックスカレーのほか、普通にビーフカレーやポークカレーなどもある。
なぜか値段の高い順に並んでいる。
肉のカレーはちょっと重たそうだったので、シーフードミックスカレー(1,208円)を注文した。
辛さは4段階から選べるが、上から2番目の中辛にしておいた。

しばらくして、ソースポットに入ったカレーとライスが運ばれてきた。
続いて、じゃがいもが登場!
やっぱり欧風カレーといえば蒸かしたじゃがいもというのは横浜市青葉区でも定番であった(笑)。
さらに付け合わせも福神漬け、らっきょう、刻みきゅうりの定番トリオ。
なかなかいい線行ってるではないか。
さっそくカレーをライスにかけて食べてみる。
parfum2

ボンディ系の欧風カレーに比べると、水分が多くてさらさらしている。
味のほうはどうだろうか。
少し塩気がある感じ。
一方、スパイス感はかなり物足りない。
中辛なのだが、全然辛くない。
また、欧風カレーといえば、甘口のルーだと思うのだが、
ここのカレーは全然甘くもない。
ライスはバターライスで美味しいのだが、このシーフードカレーと合わせると、まるでピラフかドリアを食べているような気分である。
ボンディ系(ペルソナ、ガヴィアルその他)の欧風カレーを食べ慣れている部長にはあっさりしすぎていて、物足りない味だなあ。
でも、先入観を持たずに食べに来たら、これはこれでオリジナリティがあっていいかもしれない。
次来ることがあったら、ボンディ系の味は忘れるようにしよう。


PARFUM(パルファン)
住所:横浜市青葉区柿の木台14-2
電話:045-974-1419
営業時間:12:00~22:00
定休日:木曜日