2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

今日は天気がいいので、カレーを食べに出かけることにした。
あまりメジャーな店は行きたくないし、かといって明らかに美味しくなさそうな店も行きたくない。
というわけで、向かった先は大井町にある「CURRY FACTORY TOKYO」。
東急大井町線の改札を出て、右手に少し進んだ所にある。
curryfactory1

11時ちょっと過ぎだったので、まだお客さんは誰もいなかった。
店員は外国人風の女性が一人だけ。
カウンター席が5席と、壁にくっついたU字型の5人がけテーブル席が2つ。
そんなに広い店ではない。
curryfactory2

この店は入口のところにある自動販売機で食券を買う仕組みとなっている。
カレーを取りに行くのも、食べ終わって返しに行くのも、完全にセルフサービスだ。
いわゆるスタンドカレーの店である。

ただ、この手の店にしてはカレーの種類や辛さの選択肢が豊富だ。
数あるカレーの中から部長が選んだのは「骨付きチキンのスープカレー」の「激辛」(980円)である。
なお、スープカレーだけでなく、普通のカレーもある。

店に入って待つこと5分。
カレーが出来上がったので、食券と引き換えに受け取る。
curryfactory3

スープはオレンジ色っぽい。
中に骨付きチキンと、細かく刻まれた野菜が入っている。
それでは食べてみることにしよう。

スープはやや酸味があるが、それほどではない。
カレーというよりは、何となくコンソメスープに近いような気がしないでもない。
今まで食べたほかのスープカレー屋のどのカレーとも似ていない、独特の味だ。
辛さは「激辛」にしただけあって、それなりに辛かったが、部長の基準では「激辛」よりは少し手前のような気がする。

一方、具のチキンは思ったよりよく煮込まれており、とても短時間で出てきたスープカレーとは思えない出来だ。
肉の離れ具合もいい。
だが野菜は水菜、キャベツ、ニンジン、カボチャ、ピーマン、シイタケなど、種類は多いものの、どれも小さすぎて食べごたえがない。
しかもスープの量が多すぎて、最後はひたすらスープを飲むだけという悲しい結果に終わってしまった。
もう少しスープの量を減らして野菜を大きくすれば美味しくなると思うんだけどなあ。

11時半近くなって、続々とお客さんが入ってきた。
過大な期待をしなければ、一人でも入りやすいし、いい店だと思う。
夜11時まで開いているのもポイントの高いところだ。
今度来た時はもっと辛そうな「ハバネロブラックカレー」に挑戦してみたい。


CURRY FACTORY TOKYO 大井町店
住所:東京都品川区大井1-1-10
電話:03-3774-9789
営業時間:11:00~23:00
定休日:なし
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/172-0a5769bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック