2017/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はちょっと足を伸ばして、武蔵小杉まで行ってきた。
武蔵小杉といえば工場地帯というイメージだったのだが、
数年前に東急線の駅がリニューアルされ、周囲には大型マンションが何棟も建設中であり、大きく変わろうとしている街である。
しかし、駅周辺のごちゃごちゃ感は相変わらずだ。
駅前の入り組んだ道を抜け、府中街道沿い出た。
そして中原警察署近くの脇道を入って少し行ったところに目当ての店を発見した。
syukur1

12時前だったせいか、まだお客さんはいなかった。
席はカウンター席が6席と、奥に座敷席があり、ちゃぶ台(円卓)が2つ置かれている。
部長はカウンター席に座って、メニューを見た。
スープカレーのメニューはチキン、角煮、海の幸、納豆とオクラ、ベジタブルとある。
初めてなのでここは普通にチキンのスープカレー(900円)を注文した。
辛さは30段階あるが、ここも最初なので20(+100円)にしておいた。
そしてトッピングにナス(100円)を追加してもらい、一緒にラッシー(400円)も注文した。

スープカレーが出てくるまでに10分程度かかった。
札幌で食べたときもそうだったが、スープカレーはルーカレーと違って、ちゃんと作るとなると結構時間がかかるようだ。
syukur2

ここのカレーは色は黄色めで、普通のルーカレーに近い感じだ。
さて、味のほうはどうだろうか。
スープを飲んでみる。
うーん、なんかちょっと薄味だし、全然辛くないなあ。
そこで先週の教訓を生かし、スープをかき混ぜてみることにした。
すると色もちゃんと濃くなり、コクのある味が現れてきた。
辛さもちゃんとレベル20らしい辛さになった。
これはなかなか美味しいではないか。
具はチキンを選んだのだが、これが正解。
やわらかくて、皮の部分のぷりっとした食感もいい。
野菜はニンジン、ピーマン、ジャガイモ、それにゆで卵が入るが、いずれもちょっと小さめで、全体的に量が少なめである。
今回、ナスをトッピングしたのだが、これでちょうどいい感じであった。
ただ、野菜そのものの味はなかなか美味しい。

札幌のスープカレーというより、オリジナルのスープカレーという感じであるが、これはこれでなかなかいける。
ちなみに、9月には自由が丘店がオープンするとのこと。
自由が丘店にもぜひ足を運んでみようと思う。


Syukur
住所:川崎市中原区小杉町3-15-13
電話:044-711-0154
営業時間:平日 11:30~14:00、17:30~22:00
     土日祝 11:30~15:00、17:30~22:00
定休日:水
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。