2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

今日の昼は思いがけず出発が遅くなってしまった。
この界隈の食事どころは小規模な店が多いため、少し出遅れるとすぐに入れなくなってしまう。
仕方なく、外堀通りにある、遅くなっても入れるという通称「出遅れ中華の店」に向かおうとしていたところ、キングH氏が「部長は今週中にFISHにもう一回行きたいそうですよ。」と思わぬ援護射撃をしてくれた。
こうして今日の昼はFISHに行くこととなった。

店に着いたのは12時半を過ぎていたが、さすが人気店。ほぼ満席の状態である。
fish9
前回訪れた時は運よく奥のテーブル席が空いていたが、残念ながら今日は一杯であった。
やむを得ず、3人と2人に分かれてカウンター席に座ることにした。

さて、今日部長が注文するものはもう決まっている。
この日記を欠かさず読んでくださっている皆さんなら言わなくてももうお分かりであろう。
もし分からないということであればこちらを読んでもらいたい。

前回は注文してすぐにカレーが出てきたが、今日は少し時間がかかった。
キングH氏も部長と同じものを頼んだのだが、先に席に着いただけあって、その分先に出てきた。
カレーを目の前にして、キングH氏はなんだか異常にうれしそうな顔をしている。
自分の分はまだかなあと思って待つこと2~3分、ようやくカレーが登場した。
fish10

カレーは淡い色をしていて、上にパクチー(香菜)が乗っている。
食べてみると、クリーミーでマイルドな味ながらも、ピリっとしたスパイスが効いている。
ただ、カレーを食べ慣れている人であれば、それほど辛いとは感じない程度の辛さだと思われる。
白身魚のカリーよりも若干辛い程度だろうか。
残念ながらカレー自体は海老風味ではなかったが、中にプリっとしたエビが4つ入っていて、満足だ。

今日も美味しく食べられた。
これでもうFISHは思い残すことはないかな。
そう思ったのもつかの間、今度は隣の人が食べていた大辛カツカリーが気になった。
ここのカツカリーは、普通のカツカリーのほかに中辛と大辛があるのだが、それぞれカレーが違うようだ。
単に唐辛子で辛さを調節しているだけでないところに、この店の奥の深さを感じた。
次に来ることがあったら、カツカリーを食べてみようと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/169-1a378faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今日は新譜の発売日ということでお茶の水のユニオンに行くことになったので、カレー部長さんが訪問されていた新規店、神保町のスープカレー店・鴻(オオドリー)に行って来ました。適当なお店のサイトは見当たりませんでした(
2007/05/26(土) 11:06:06 | カリーホリック