2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

今日の昼は六本木通りの北側を攻めてみようということになった。
向かったのは赤坂アークヒルズ前の信号から北西に伸びる狭い道。
この通りにも何軒か食べ物屋が点在しているのだ。

どの店に入るか迷ったが、選んだのは「ALI-BAB(アリバブ)」という店。
赤いテントと、窓ガラスに書かれた文字、そして石畳と、
フランス風のちょっぴりおしゃれな食堂だ。
ali-bab1

店に入ってみると、これまたフランスの田舎にある食堂を思い起こさせる、シンプルながらもしゃれた内装である。
ali-bab2

といっても、部長はフランスはパリにしか行ったことがないので、勝手な想像である。
まあ、細かいことは気にしないのが一番だ。

ランチメニューは7種類あるが、その7番目に「定番ライスカレー」(900円)がある。
部長はもちろんそれを注文した。

このあたりでは人気店らしく、12時5分過ぎには満席となった。
何しろ席数が全部で24席しかない、小さな店である。
入れなくて帰ってしまった人も何人か見受けられた。

パンとサラダを食べ終わってしばらくすると、ライスカレーがやってきた。
ali-bab3

カレーはステンレスの器に入っていた。
色といい、形といい、石川県の某カレーチェーンを連想させる器だ。
だが、中身はそんなスタンドカレーとは全く違う。
カレーの中にはニンジンが見え、脇には半分に切ったゆで玉子が添えられている。
とても可愛らしいカレーだ。

さて、味のほうはどうだろうか。食べてみることにしよう。

うーん、なんだかカレーというよりはシチューのような感じだ。
たいして辛くないし、かといって酸味もあまりない。
かなりあっさりした味だ。
また、量も少なめで、具もチキンが少々と豆、ニンジンと、カロリーを気にしている人には絶好のカレーである。
しかし、毎日が戦いの企業戦士ガンダム君には全く不向きのカレーである。
夕方になると一気にお腹がすいてしまうのだ。
カレー以外のメニューもやはり量が少なかったらしい。
一緒に食べに行ったキングH氏も、夕方こっそりおにぎりを食べていたぐらいである。

なお、食後にコーヒー(または紅茶、ハーブティー、エスプレッソ)が付くのだが、
これに添えられているカヌレもまたミニサイズでとても可愛らしかった。
ali-bab4


基本的に女性をターゲットにしているのかもしれないが、
男性客向けにもうちょっとボリュームのあるメニューを追加してもらいたいところである。


cantine ALI-BAB(アリバブ)
住所:東京都港区赤坂2-21-10 ヴェール赤坂1F
電話:03-3583-1831
営業時間:11:30~L.O.14:00、18:00~24:00(L.O.22:30)
定休日:土曜日のランチおよび日曜日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/163-43bfc495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック