2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

今日はスープカレーが食べたくなった。
しかし、東京で美味しいスープカレーを食べようと思うと、店が限られていてなかなか難しい。
そんな中、ネットで検索したところ、赤羽に美味しそうなスープカレー屋があることを発見した。
その店の名前は「Deux-un レストラン」。
スパイスと漢方を使ったオリジナルのスープカレーを出す店らしい。
赤羽駅を降り、目指す店のある方向へ向かった。
しかし、店があるはずの漢方薬局の隣の店舗は、取り壊し工事を行っていた。
電話をかけても呼び出し音がむなしく流れるばかり。
どうやら、なくなってしまったようだ。

仕方ないので、別のスープカレー屋に行くことにしよう。
この近くでスープカレーの店がありそうなのは、やはり池袋であろう。
そういえば、最近、SHANTiの池袋店がオープンしたらしい。
久しぶりにSHANTiのスープカレーを食べてみたいと思っていたので、行ってみることにした。

店がある場所は池袋駅の西口、丸井のちょっと先である。
駅からは多少歩くが、地下道で店の近くまで行けるので便利だ。
C2出口を出て、左の方に行くとすぐに店を発見した。
shanti-ike1

店内はカウンター席が6席と、2人がけのテーブル席が2つだけ。
原宿店とは全く違ってスタンドカレーの雰囲気だ。
しかもこの店は前会計のシステムだ。
事前にある程度何を食べるか考えておいてから訪れたほうがいいだろう。

さて、今日はオーソドックスに「チキンと野菜のスープカレー」(990円)にした。
そしてトッピングは目玉焼き(100円)と岩のり(100円)を選んだ。
辛さは控えめに6ボーガ(+60円)にしておいた。

カウンター席に座ると、中で調理しているのがよく見える。
野菜を揚げる時の「ジュワー」という音もよく聞こえる。
原宿店ではこうした様子は全くわからないので、新鮮である。

しばらくしてスープカレーとライスが出てきた。
shanti-ike2

ライスは原宿店と違って、花型で型抜きされている。
shanti-ike3

それでは食べてみることにしよう。
うん、相変わらず美味しいスープだ。
今回トッピングに選んだ岩のりはどうだろうか。

美味しい!

こんなにスープカレーに合うとは思わなかった。
また、目玉焼きのトッピングもなかなかいける。
ただ、玉子はカレーの味をまろやかにしてしまう。
最初は辛く感じたスープだったが、食べているうちにマイルドになってしまった。
目玉焼きをトッピングするときは辛さを1ランク上げたほうがいいかもしれない。

原宿店とスープの味の差は感じなかったが、
やはり雰囲気の差か、アジア風のインテリアの原宿店のほうが美味しく感じる。
こちらの池袋店は狭いので、食べたらすぐに出ていかないといけない感じなのだ。
だが、一人でも入りやすいのはこちらの池袋店のほうだ。
一人で物思いにふけりながらスープカレーを食べたいときは池袋店をおすすめしたい。


SHANTi 池袋店
住所:豊島区西池袋5-1-6第二矢島ビル1F
電話:03-3981-9991
営業時間:11:30~25:00
定休日:年末年始のみ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/132-0e0090f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック