2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

今日も有楽町方面で仕事だったので、お昼は銀座方面に行くことになった。
うどんを食べるという話もあったようだが、あっさり却下。
結局とんかつ屋に行くことになった。

とんかつ屋といえばカツカレーである。
部長はちょっぴり期待していた。

目指す店の前に着くと、メニューが掲示されていた。
見ると案の定、カツカレーライスがあるではないか。
今日のお昼はカツカレーに決定した。
店内はあまり広くなく、テーブル席が10席ちょっとと、カウンター席があるだけである。
威勢のいい声で店の大将が仕切っている。
我々はテーブル席に座り、それぞれ好きなものを注文した。
なお、カツカレーを食べたのは部長とNさんの2人だけである。

それほど待たずにカツカレーがやってきた。
070301

やや深めの皿にカレーとライスが盛られ、その上にカツが乗っている。
どんな味だろうか。まずはカレーを食べてみる。

うーん、とんかつ屋にありがちなジャパニーズカレーだ。
とろみはあるがコクがない。また、辛くもない。
何のポリシーも感じられないカレーである。

でもここはとんかつ屋だから、きっとカツは美味しいだろう。
そう思ってカツを食べてみる。

だが、次の瞬間、肉汁ならぬ油汁が口に広がるのを感じた。
ここのカツ、衣はからっとしているのだが、油の切れが悪いのか、異常に油っこい。
食べているうちにだんだん胃が重たくなってくる。

大将の威勢の良さとは裏腹に、はっきり言って美味しくない。
しかもこの店は狭いので、ゆっくり食事する雰囲気でもない。
テーブル席だと相席は必至のうえ、食べたらすぐに出て行かなければならない。

残念ながら、あらゆる点で期待はずれであった。
多分、もう来ることはないであろう。

しかし、帰る頃には店の外に行列ができていた。
なぜここで並んでまで食べたいと思うのか疑問である。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/111-5175739e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック