2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

最近、部長が食べているのは東京近辺の店のカレーばかりである。
しかし全国のカレー屋に行ってこそ、真のカレー部員といえるのではないだろうか。
そこで、この土日は大分に旅行に行ったので、そこでカレーを食べてみることにした。

調べてみると大分県には意外とカレー屋が多い。
どの店にしようか迷ったが、できるだけ人気のありそうな店を選んだ結果、
別府市にある「おじいさんの時計」という店に行ってみることにした。

しかしこの店、よそからやって来た者にとっては場所が非常にわかりにくい。
カーナビで目的地に設定したのに、全然違う場所に着いてしまった。
近くのコンビニの店員さんに道を聞いて、やっとたどり着くことができた。
ojiisan1

駐車場は20台ぐらい車が停められそうな感じだったが、かなり車で埋まっていた。
店に入ると既に待っているお客さんが一組いた。
カレー屋で並ぶとは珍しい。
これはかなりの人気店に間違いない。

しばらくして、席に着くことができた。
メニューを見ると、ここの名物は「石焼カレー」のようだ。
ベースとなる石焼カレーは一種類のみ(840円)で、追加のトッピングが選べる仕組みとなっている。
以前、福岡の伽哩本舗で食べた「やきカレー」にはチーズが入っていて美味しかった記憶があるので、
チーズ焼(210円)のトッピングは外せないだろう。
あとはトッピングとしてはなかなかお目にかかれない、イカリング(210円)を追加することにした。

石焼にするので、出てくるまでにかなり時間がかかるだろうと思っていたのだが、
意外と早く出てきたので拍子抜けした。
ojiisan2

石焼ビビンバの鍋にライスとカレー、チーズが入っていて、中でジュージューと音がしている。
冷めないうちに食べてみることにしよう。

むむ、思いっきりチーズ味だ。
それもかなり塩気の効いた、濃い目の味だ。
味から推測するに、きっと雪印や明治のいわゆる「とろけるチーズ」を使っているに違いない。
はっきり言ってチーズの量が多すぎである。
その一方で、カレーのルーはかなり少ない。
チーズに負けてしまっていて、カレーの味がほとんどわからない。
また、具も、肉の崩れたのがほんの少し入っているだけで、かなりショボい。
もしイカリングのトッピングがなかったらと思うとぞっとする。
ここの石焼カレーはトッピングが必須であろう。

結局、最後までカレーの味はよくわからなかった。
このチーズ入りの石焼カレーははっきり言って、

カレーではない。

まあ、カレーとは別の食べ物だと思って割り切って食べればいいのだろうが、カレー部長としては納得がいかない。
この店でカレーを食べたかったら、チーズ焼のトッピングは絶対にしてはいけない。
次回来ることがあったら、チーズの入っていないものを食べようと固く心に誓った部長であった。


おじいさんの時計
住所:大分県別府市鶴見9組ルミエールの丘S-16
電話:0977-24-4649
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30)、17:30~21:30(L.O.21:00)
定休日:月曜日
コメント
この記事へのコメント
大分カレー紀行(その1)
日頃、黒烏龍茶片手に全国のラーメン屋に行っていますが、「全国のカレー屋に行ってこそ、真のカレー部員といえるのではないだろうか。」という部長の一言に勇気付けられました。
そこで、私も大分行きの飛行機に乗ってカレーを食べに行くことにしました。
どの店にしようか迷ったが、できるだけ人気のありそうな店を選んだ結果、安心院(あじむ)にある「峠のカレー屋 ぽから」という店に行ってみることにしました。
しかしこの店、よそからやって来た者にとっては場所が非常にわかりにくい。カーナビで目的地に設定したところ、大分空港から車を走らせること1時間、無事着きました。
店は人里離れた山奥にぽつんと一軒、カレーは本格的なインドカレーでした。
豊かな自然と美味しい空気と本格的なインドカレー。東京から飛行機で食べに来た甲斐がありました。
http://www.airbepal.com/bn/10509172534600/1110366100.html

2007/02/28(水) 13:51 | URL | 黒烏龍茶 #-[ 編集]
大分カレー紀行(その2)
「峠のカレー屋」で大分のカレーに満足したのですが、日頃、ラーメン屋をはしごする私としては何か物足りない。
そこで、帰りの飛行機にはまだ時間があることだし、せっかくだから大分のカレーをもう一軒トライしてみることにしました。
大分といえば「風のハルカ」の舞台にもなった湯布院ですよね。「湯布院の小さなカフェレストラン PaPiPaPa」という店に行ってみることにしました。
しかしこの店もよそからやって来た者にとっては場所が非常にわかりにくい。カーナビで目的地に設定したのに、今度は全然違う場所に着いてしまいました。 湯布院インターを降りて探し回ること30分、やっとたどり着くことができました。
店は湯布院の町を見下ろす高台にあり、おしゃれな洋食屋さんという感じでした。もちろん、カレーもあり、「オムハンバーグカレー」を食べました。オムライスとハンバーグとカレーという子供の大好物を一度に全部食べられるという贅沢メニューです。
しかし30分のロスは痛手で、味わう間もなく大急ぎで食べて店を後にした時はすでに飛行機離陸1時間前を切っていました。
豊かな自然と美味しい空気と本格的な洋食屋さんのハンバーグとカレー。また東京から飛行機で食べに行きたいです。
http://www10.ocn.ne.jp/~papipapa/
2007/02/28(水) 14:44 | URL | 黒烏龍茶 #-[ 編集]
やられた~
黒烏龍茶さんも大分に行かれたんですね。
部長が失敗したのを見て、うまいこと店を選びましたね。
「ぽから」のカレーは写真で見る限り美味しそうです。。。

うーん、これは何としてもリベンジしないと。
今日、同じ職場の方から大分のカレー屋がたくさん載っている本をいただいたので、今度はしっかり調査して食べに行きたいと思います。

とりあえず、今後の目標として、月1ぐらいをめどに首都圏以外のカレー屋に行ってみたいと考えています。
2007/03/01(木) 00:40 | URL | カレー部長 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://currybucho.blog73.fc2.com/tb.php/104-657b3b45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック